【1.5次会とは?】費用の相場や内訳は?会費の払い方はどうする?

 

こんにちは♪

 

いつもお読みくださり、ありがとうございます。

 

結婚式の準備は進んでいますか?

 

結婚式も披露宴も一生に一度の大切な日ですが、準備って大変ですよね…。

 

特に披露宴は誰を呼んだらいいのか、費用はどのくらいかかるのか、悩みも尽きないですよね(汗)

 

堅苦しい披露宴になるのはちょっと困るな、と考えている方も最近では増えているようです。

 

「堅苦しくならず、二次会ほどくだけすぎていないパーティーにしたい!」という方におすすめなのが【1.5次会】です♪

 

1.5次会は披露宴と二次会の中間のような雰囲気を持つパーティーで、家族や近い親族のみ、親しい友人のみといったあまり気を遣わずに済むゲストを招待する形式になっていますよ。

 

今回は1.5次会ではどのくらい費用がかかるのか、相場や内訳をご紹介したいと思います。

 

また1.5次会では一般的な披露宴のご祝儀制よりも【会費制】の形式を選ぶ方が多くなっています。

 

会費の払い方のポイントも合わせてご紹介しますね♪

 

1.5次会を詳しく知りたい方はこちら♪

 

1.5次会とは?

 

 

1.5次会という言葉が聞きなれない方もいらっしゃると思います。

 

1.5次会とは、披露宴ほど堅苦しいものではなく、二次会ほどくだけた雰囲気でもないその中間的な雰囲気のパーティーのことです。

 

一般的に披露宴では会社の上司や普段あまり接することない遠い親戚といった、ちょっと気を遣ってしまう方も招待することが多いですよね。

 

こういった会だと、本来楽しく当日を迎えたいはずの新郎新婦のお二人が気疲れしてしまい、全然楽しめなかったということもあるようです(涙)

 

上司が来るとなればあまり砕けた披露宴にするわけにもいきませんので、どうしても型にはまったような流れの会になってしまうこともあると思います。

 

そういった披露宴特有の堅苦しさを無くしつつ、結婚のお披露目パーティーのようなゲストと一緒に楽しめる雰囲気のパーティーにしたいと考える方が増えてきており、1.5次会という形式が取られるようになってきています!

 

最近では海外で挙式する方も増えているので、帰国後に友人向けにお披露目パーティーをするという形式で1.5次会を選ぶこともあるようです。

 

家族や親しい友人のみの気を遣わないパーティーをしたい方におすすめですよ~♪

 

1.5次会の費用は?披露宴より安い?

 

 

読者様

1.5次会だと費用が安くなるって本当?

 

SHIHO

1.5次会の規模や演出にもよりますが、一般的には披露宴よりお値段を抑えられますよ!

 

1.5次会は費用が抑えられるという点でも人気がありますよ~。

 

費用が抑えられる理由として、「会費制にできる」という点があります。

 

通常の披露宴のようにご祝儀制にすると、だいたい3万円くらいいただくことになるので、それに見合った豪華なフルコースを用意することになりますよね。

 

1.5次会では会費を設定することができますので、その金額によってお料理の形式を変えることもできるんです!

 

例えば、会費が1万円未満とするならビュッフェ形式にすることもできますし、1.5万円くらいを設定する場合はコース料理にするなど、会費の金額に合わせて幅広い選択ができるのが魅力です♪

 

割とカジュアルなパーティーになることが多いので、会場も披露宴のような広くて豪華な場所ではなく、結婚式場の小さい会場レストランを貸し切るということが多いようです。

 

そのため、会場費も披露宴と比べて大幅に抑えることができるようになります!

 

またご祝儀をいただくと引き出物をお返しすることになりますが、会費制の1.5次会であればプチギフトをお返しする形式にする場合も多く、ここでも費用を抑えられますよ。

 

SHIHO

それでは、1.5次会の費用の相場がどのくらいになっているか見ていきましょう!

 

1.5次会の費用の相場や内訳は?

 

 

1.5次会の費用の相場

読者様

なるべく費用を抑えたいけど、1.5次会はどれくらいでできるのかな?

 

SHIHO

披露宴よりもかなり費用を抑えることができますよ~。どのくらいでできるのかご紹介しますね。

 

1.5次会の自己負担費用は50万円未満とするカップルが多いようです。

 

この金額プラス会費でゲストからいただく分が、1.5次会の総額費用になります。

 

一般的な披露宴での自己負担費用の相場は100~150万円ほどであると言われていますので、半額~3分の1の費用で出来てしまうのは嬉しいですよね♪

 

費用の内訳や会費の相場は?

気になる費用の内訳ですが、ゲストからいただく会費はほとんど飲食代となります。

 

ですので、どのような食事の形式にするかによって会費の金額も変わってくるんです。

 

立食式のビュッフェにするのであれば費用が安く抑えられますので、会費も1万円未満に設定することもできますね。

 

ゲストの方々には落ち着いて食事を楽しんでほしいという考え方なら、着席式のコース料理にして、会費を15000円~20000円にすることもできます。

 

新郎新婦のお二人がどんな雰囲気の1.5次会にしたいかによって、会費を設定してみてくださいね♪

 

会費の相場は…

・立食のビュッフェ形式なら→1万円未満

・着席のコース料理→1.5万~2万円

 

もし披露宴に近い豪華なフルコースでおもてなししたいと考えているのであれば、会費制では新郎新婦の自己負担が多くなってしまうことも考えられますよね。

 

披露宴に近い1.5次会にしたいのであれば、ご祝儀制にするという方法もあります。

 

あえてご祝儀の形にすることでゲストへのサービスや会場の演出・設備を手厚いものにできますので、「ちょっと参加費は高いけど満足度の高いパーティーにしよう!」と考えるのであればご祝儀制にするのもおすすめです♪

 

また自己負担の部分は、主に次のようなものになります。

 

自己負担部分は…

・衣装代
・会場費
・ヘアメイク
・会場の装飾
・演出に必要な機材など(プロジェクターなど)

 

これらをどのようなものを選ぶかによって、自己負担費用が変わってきます。

 

披露宴のように豪華な演出にこだわればそれだけ機材などで費用がかかってきますし、衣装は絶対こだわりたい!という希望もあると思います。

 

自己負担する金額の予算をしっかり決めているのであれば、どこにお金をかけてどこを抑えるのか、しっかり考えておくことが大切ですね。

 

あれもこれもと取り入れてしまうと予想外の出費になってしまうこともありますので、気をつけてくださいね!

 

1.5次会の費用の内訳は主に…

・自己負担部分→衣装代や会場の装飾、演出に使用するものによる

・会費部分→ゲストの方の飲食代

 

会費の払い方はどうする?

 

 

読者様

1.5次会に招待されたけど、会費はどうやって払えばいいの?

 

SHIHO

ご祝儀袋は使わず、数える方の手間にならないようわかりやすく渡しましょう♪

 

1.5次会に招待された場合、「会費制」と書かれていたらどのように渡せば良いのか、ご祝儀との違いが気になりますよね。

 

会費制の場合は、ご祝儀袋に入れずに糊付けしていない封筒に入れるのがおすすめです。

 

ご祝儀袋に入れて渡してしまうというのは意外と多いトラブルだったりします(汗)

 

というのも、1.5次会では受付で会費をいただき、その場で金額を数えるのが一般的ですので、ご祝儀袋だと手間取ってしまうんです。

 

それにご祝儀袋に丁寧に包んであったら、その場で開けるのはなんだか気が引けてしまいますよね。

 

会費が足りているか、逆に多すぎないかなど受付での確認が重要になりますので、中身が確認しやすい工夫が大切です!

 

受付での手間やトラブルを考えると、糊付けをしていない封筒で渡すと手間なく確認できますので、スムーズにパーティーを行うことにもつながりますね♪

 

また会費はぴったりお釣りが出ないように用意するのもマナーです。

 

夫婦や家族で出席する場合で会費をまとめて渡すときは、何人分の会費なのかもしっかり伝えるとよりわかり易いですよ。

 

会費には「ご祝儀分」「結婚祝い分」といった余計なものは足さずに、会費の金額だけを渡すようにする点にも注意してくださいね!

 

受付での確認の手間になってしまいますし、混乱のもととなりますので、「受付では会費のみ」を徹底しておくのがおすすめです♪

 

もし自分たちの1.5次会で、ゲストの方から会費の渡し方について尋ねられた場合は、ご祝儀袋は使わずに糊付けしない封筒にしてください受付では会費のみを渡してくださいとはっきりお伝えするのが良いですね。

 

読者様

会費制とは言っても、ご祝儀も必要だよね?

 

SHIHO

会費制と指定されているなら、ご祝儀は必要ありません!そのあたりも詳しくご紹介しますね。

 

招待状で「会費制」と書かれていても、本当に会費だけで参加していいのか、ご祝儀が必要なんじゃないかと心配になる方もいるのではないでしょうか?

 

「会費制」と指定されている1.5次会であれば、ご祝儀を用意する必要はありません

 

会費制にしているのは、ゲストの方々に金銭的な負担をあまりかけさせず、気軽に参加して欲しいという新郎新婦の思いが込められています。

 

ですのでゲスト側もその意図を汲んで、会費だけを持って参加して大丈夫ですよ♪

 

前の項目でも説明しましたが、会費にお祝い金などをプラスして渡してしまうのは受付でのトラブルにつながりかねませんので、おすすめしません。

 

もしどうしてもお祝いの気持ちを会費以外に渡したいと思うのであれば、プレゼントを用意するのが良いですね♪

 

その場合にも注意点があります。

 

お祝いのプレゼントをしたい時は…

・受付では渡さない

・事前に会って直接渡す、もしくは郵送などで届ける

 

なぜ当日に受付などで渡さない方が良いのかというと、受付は主に参加者の名前や会費を確認する場所となるので、プレゼントまで受付で渡してしまうと手間になってしまうからです。

 

またプレゼントによってはかさばってしまう場合もあるかと思います。

 

かさばるプレゼントは新郎新婦が持ち帰る際に大変ですので、配送してあげたほうが優しいですよね。

 

この点に注意すれば大丈夫ですので、会費だけではお祝いの気持ちがおさまらない!という方はプレゼントを贈る方向で検討してみてくださいね♪

 

読者様

会費制でもピン札にするべき?

 

SHIHO

会費制ではピン札にこだわらなくでOKですよ♪

 

一般的なご祝儀の場合はピン札で渡すのがマナーと言われていますよね。

 

しかし会費制の場合は特にピン札であることにはこだわらなくてOKとなっています。

 

ピン札ではない方が受付で確認するときに数えやすいということから、あえてピン札にしないという考え方もあります。

 

ピン札でなくても失礼ではありませんのでご安心くださいね♪

 

ただしいくらピン札でなくてもOKとは言っても、汚れていたりシワシワのお札を使うのは失礼になってしまいます(汗)

 

あまりにも汚いお札は避けるようにしてくださいね!

 

まとめ

 

今回の記事では、1.5次会の費用や会費の相場・内訳をご紹介しました。

 

1.5次会という形式はまだ広く浸透している文化ではないので、新郎新婦側も招待される側も気になることは多いと思います。

 

費用の相場や内訳を知っておくことで、自分たちの1.5次会で何を優先すべきかも見えてきますよね。

 

どういった形式の1.5次会にしたいのかによって会費制なのかご祝儀なのかも違ってきますし、ゲストの方へお伝えする会費も変わります。

 

自己負担額を増やせるのか、予算の範囲内に必ずおさめるのかなど、費用の自己負担部分もかなり重要です!

 

素敵な1.5次回を迎えられるよう、お金の面もしっかり話し合ってみてくださいね♪

 

1.5次会については、こちらの記事でも詳しくご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

 

【1.5次会とは?】1.5次会はどんな服装をすればいい?女性の服装のポイント

2018年12月24日

【1.5次会とは?】招待状の書き方!例文や返信の仕方、webで招待する方法

2018年12月4日

【人気の1.5次会】内容や流れはどんな感じなの?

2018年11月12日

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました♪

 

TOPに戻る

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です