【結婚式招待状】返信する時の上級者テクニック!寿消しって何?

 

みなさん、結婚式の招待状の返信マナーってご存じでしょうか?

 

一番有名なもので、”御”や”様”などを二重線で消すというものがありますよね。

 

ご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実は・・・この消し方には上級者テクニックがあるんです♪

 

その上級者テクニックとは、寿消しのことです!

 

SHIHO
どうやら中年〜ご年配の方が使っているようなのですが、みなさんご存知でしたか?

 

最近はイラストを描いて返信する方法も流行っていますよね。

 

しかしこのテクニックは、イラストが苦手な方でも返信はがきを華やかにできる方法ですのでぜひ使っていただきたいです!

 

実際に、私も使ってみて友達に喜ばれました♪

 

 

今回は、そんな上級者テクニックである”寿消し”をご紹介いたします。

 

基本的なマナーについても知りたいという方は、こちらをご覧ください♪

 

【結婚式招待状】返信で欠席ってどう書くの?正しい返信の書き方は?

2018年12月5日

【結婚式招待状届】返信の書き方解説!パターン別メッセージで完璧!

2018年12月1日

 

 

そもそも寿消しって何?!

 

 

寿消しとは、二重線の代わりに寿の文字を使い“行”や“御”、“芳”の文字を消すことを言います。

 

始まりは書道家の方のアイディアと言われています。

 

書道を教える時に使う朱色の墨を使って“寿”を書いたらお祝いっぽいのでは?

という粋な発想から生まれ、そこから広まったという説があります。

 

このほかにも、文字を二重線で切るのは縁を切るから縁起が悪い!

 

ということで、寿消しができたという説もあります。

 

SHIHO
どちらの説も、新郎新婦をお祝いしたいという気持ちがあってのアイディアで素敵ですね♪

 

ところで最近では、イラストを入れて返信するのもよく見かけますよね!

 

ディズニーや、スヌーピーや、人気の漫画など色々な絵が描かれていますね。

 

書いている方も楽しいですし、もらった人もプチサプライズ感があっていいですよね♪

 

そんな、イラスト入りの返信はこちらを参考にしてみてくださいね。

 

結婚式招待状|返信ハガキのイラストはアート性抜群のスヌーピー!

2018年10月14日

 

 

もしかすると、昔の人もこんなイラストを書く感覚で”寿消し”をやっていたのかもしれませんね♪

今も昔も、お祝いの返事を楽しくしたいという気持ちは変わらないですね。

 

 

それでは、さっそく”寿消し”に挑戦してみましょう♪

 

今回は必要なものから練習の仕方、書き方まで一気にご紹介いたします。

 

[quads id=1]

 

え?ペンって、黒じゃなくてもいいの⁈〜必要なもの〜

 

まず、用意するものは赤のペン

 

えっ?招待状は、黒で書くのがマナーじゃないの?と思ったあなたは大正解です!

 

しかし、寿消しの元は朱色の墨で書かれていたという話がありましたよね。

 

朱色は、おめでたい時に使われる色です。

 

本来であれば、朱色がふさわしいでしょう。

 

現代は筆ではなく、赤のペンでも大丈夫です♪

 

寿消しに限っては、赤のペンを使用することをオススメします!

 

というのも、黒で書く場合は本当に達筆な方以外はあまりオススメしません。

 

寿という文字は、意外に画数が多く複雑です。

 

上手に書かないと、下の文字の黒と重なってしまいただ塗り潰したように見えてしまうからです。

 

また、太いペンでも寿という文字が潰れてしまうので、オススメしません。

 

文字が潰れてしまっては、塗りつぶしたように見えてしまうので送る相手に失礼になってしまいます。

 

また、私の失敗談からもペンをお勧めします。失敗談はまた後ほど・・・!

 

今回は、ペン選びも大切なポイントですのでぜひこだわって選んでみてください♪

 

はじめての時はやった方がいい!練習の仕方をご紹介!

 

読者様
ちょっと待って!そもそも”寿”という文字書くの自信が無いな〜

 

そのお気持ちとってもわかります!ぜひ、練習してから本番を書きましょう。

 

実際に私も、練習してから寿消しに挑戦しました!

 

最近は、書道家の先生が書き方の動画をアップしていたりしますよ♪

 

大人になって改めて美文字の動画を見ると、とても勉強になりました。

引用:YouTube

 

せっかくのお祝いの返信なので美文字で返信したいものですよね♪

 

私も以前、返信する前に文字を練習してから寿消しに挑戦しました!

 

ここで私の失敗談をひとつ・・・

 

練習方法は、真っ白い紙に”寿”という文字を何度も書くという練習をしました。

 

これでよし!と思ったので、実際にはがきに書いてみると・・・

 

なんだかゴチャゴチャしてみえるー!!!え?赤じゃなかったら、どれが寿か分からなかったかも。

 

という状況になりました。さて、これはなぜでしょう?

 

それは、文字の上に文字を書くということに慣れていなかったからです!

 

赤い線と、黒い線がいっぱいあってもう目がチカチカしました!!

 

しかも、慣れないのに筆ぺんを使って書いたのでもう緊張しすぎて文字が震えてました。

 

ぜひみなさんは一度、文字の上でも綺麗に書けるかも練習してみてくださいね!

 

自分で、黒いペンで文字を書いてその上から赤いペンで練習することをオススメします。

 

そして、細くて赤いペンを使うことを本当にオススメいたします。

 

【結婚式招待状】寿消しをするときの宛名側での注意点

 

さぁ、書く準備ができたところでさっそく宛名側からポイントをみてみましょう。

 

宛名側では、”行”を”寿”で消します。

 

ここで1点注意があります。

 

右のはがきの様に、名前に寿が入ってる方の場合は寿を使わず二重線で消しましょう。

 

また最近では、新郎新婦の名前が連名になっていることもありますよね。

 

その場合、”行”が1つになっていることがほとんどです。

 

”行”が1つの場合はその”行”を消してから、それぞれの名前に”様”を付けてください。

 

”様”をつける位置は、”行”の下や横でも大丈夫ですよ♪

 

意外に、忘れがちな基本ポイントなのでぜひ忘れずに頭の片隅に置いて置いてください。

 

【結婚式招待状】寿消しをするときの出欠確認側での注意点

 

次に、出欠確認側でのポイントをみてみましょう。

 

基本は、1文字に対して1寿で消していきます。

 

2文字までは1文字ずつを寿で消し、3文字以上は二重線で消すと良いと言われています。

 

というのも左側のはがきの様に、寿がたくさん並ぶとちょっと鬱陶しい感じがしませんか?

 

もしこれが手書きだったらもっと見にくくなると思います。

 

あまり、ゴチャゴチャしすぎても失礼になるので注意が必要です。

 

なので全体のバランスを見ながらしつこくならない程度に、寿を使ってみてください♪

 

ちなみに、この寿消しは欠席の場合も使えます。

 

どうしても欠席しなければならない時ってありますよね。

 

そんな時に、少しでもお祝いの気持ちが伝わるように寿消しを使ってみるのもいいかもしれませんね!

 

 

欠席する場合の返信の仕方はこちらをご覧ください♪

【結婚式招待状届】返信の書き方解説!パターン別メッセージで完璧!

2018年12月1日

 

[quads id=2]

 

【結婚式の招待状】寿消しポイントをおさらい

 

さてみなさん、寿消しとは何?というところから、寿消しのやり方は分かりましたか?

 

中々、普段の生活の中で目にすることは無いのですよね。

 

でも使ってみると、意外と喜ばれるかも⁈

 

ということで、ここで一度ポイントをおさらいします。

 

寿消しのポイント

・ペンの色は赤でも黒でもオッケー

・ペンの太さは、太すぎないものを

・1文字消すごとに1寿

・3文字以上消す場合は、寿消しは使わない

・宛名では、名前に”寿”が入っていないか確認

 

ちなみに、この寿消しは結婚式などの慶事の際に使われます!

 

そのため、同窓会や一般のパーティーなどで使われることはまずありません。

 

いつもの二重線とは少し違う寿消し。

 

ちょっとおしゃれで、いつもより少し華やかに!

 

そしてよりお祝いしている感じが伝わりますよね。

 

そしてイラストを描くのが苦手な方も手軽に挑戦できるのでぜひやってみてください。

 

もらった新郎新婦も喜んでくれるのではないでしょうか♪

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

TOPに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です