沖縄旅行におすすめの時期やスポットをご紹介します!

 

めんそーれ♪

 

今やどこに行っても冷暖房完備が珍しくない時代ですが、夏になると「北海道行きたいなー」って言ってみたり、冬になると「沖縄行きたーい!」って言ってみたり・・・。

 

人間って贅沢ですよね(笑)

 

旅行先として人気の北海道や沖縄ですが、寒い時期の北海道も、暑い時期の沖縄もそれぞれ魅力があるんですよ♪

 

そんなわけで今回は新婚旅行先としても人気のある沖縄についてご紹介します。

 

目的別のおススメの時期やスポットをチェックしちゃいましょう!

 

行ったことのある人も、これから行きたい人も、行きたいけど行けない人も、ぜひ読んでみてくださいね!

 

沖縄で海水浴がしたい!

 

 

「沖縄のめっちゃキレイな海で海水浴がしたい!」

 

そんな方のおススメ旅行時期はズバリ『7月と8月』です。

 

沖縄のビーチは本州ではまず考えられない時期(3月から4月)に海開きになります(笑)

 

海水の温度は1年を通して20℃を下回ることはほぼありませんので4月の海開きも頷けますが、6月の梅雨時期を過ぎるまではお天気が安定しません。

 

冬はさすがに海水浴という外気温ではないので、おすすめできません。

 

なのでやはり海水浴シーズンは7月から8月になりますね!

 

9月でも十分海水浴を楽しめる気温と水温なので、「ゆったりビーチを満喫したい!」という方は、世間の夏休みが過ぎた9月頃を狙って行きましょう!

 

沖縄のおすすめビーチが知りたい!

 

沖縄にはそりゃもうたくさんのビーチがあります。

 

なので、トップシーズンでも「芋洗い」と言われるほど混むこともなさそうですが、せっかくなら素敵なビーチで楽しみたいですよね。

 

今回は、海水浴にピッタリの“王道ビーチ”を3つご紹介します。

 

コンドイビーチ

引用:竹富島ねっと

 

コンドイビーチは遠浅で、ほとんど波がないので、海水浴には絶好のポイントですよ♪

 

CMなどでよく使われているビーチは、このコンドイビーチなのだそうです。

 

トイレと更衣室がある以外は何もないビーチですが、その何もない感じが「旅行に来たぞー!」という非日常を味わえるのではないでしょうか。

 

瀬底ビーチ

引用: 沖縄観光・沖縄情報IMA

 

瀬底ビーチは、沖縄の中でも一番といってもいいくらい透き通った海水のビーチです。

 

引き潮の時には、下を向くとお魚が足元で泳いでいるのがみられるくらいの透明度だとか!

 

人懐っこいお魚さんもいるんでしょうか・・・♬

 

潮が引いているときには、ゆったり泳ぐことにはあまり適さないほどの遠浅なのですが、子ども達を遊ばせるには安心出来そうな最高のビーチですね。

 

サンセットビーチ

引用:北谷サンセットビーチ

 

地平線に沈む美しい夕陽を眺めることができるので、地元の人にも人気のビーチです。

 

ショッピングセンターや映画館があり、シャワーやロッカー、サマーベットなどの設備が充実しているのでゆっくり過ごす事ができます。

 

特にカップルに人気のビーチです。

 

2人で見る夕日・・・ロマンチックでしょうね♪

 

沖縄でシュノーケリングやダイビングがしたい!

 

 

 

「海の中を散歩したり、お魚たちと戯れたい!」

 

沖縄ならではの醍醐味ですよね!

 

一年を通して海水温が20℃を下回らない沖縄では、いつでもシュノーケリングやダイビングをすることが可能です。

 

とはいえ、さすがに外気温が寒くなる冬のシーズンは快適な環境とは言えません。

 

ウエットスーツの着用を前提にしても、ベストなシーズンは『4月から11月まで』になると思います。

 

ただ、2〜3月頃にはザトウクジラが現れるスポットがあったりしますので、会いたい海の生き物によってのベストシーズンもありますので、会える時期をチェックして行きましょうね。

 

沖縄のおすすめダイビングスポットは?

 

今回は、初心者の方にもおすすめのダイビングスポットを少しだけご紹介しますね♪

 

瀬底島「ペイ」

引用:Instagram

 

瀬底島の北にある「ペイ」というスポットです。

 

沖縄本島から橋で繋がっているのでアクセスも良さそうです。

 

恩納村「恩納ポイント」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ほんとに沖縄地方は梅雨ですか?最高気温は28℃でとにかく暑いのなんのって。水中は魚も増えて夏はすぐそこだよ〜♪ #山田ポイント#ヨスジフエダイ#ユビエダハマサンゴ#恩納村ファンダイブ#恩納村ボートダイブ#水中写真#恩納村ダイビングショップ#PADIダイビングスクール#恩納村オリジナルポイント#エンリッチドエアナイトロックス#恩納村新規ポイント開拓#恩納村サンゴの村#美ら海#珊瑚ポイント#サンゴの村宣言#ブルーリーフ#onnason#coralsea#diving#underwaterphotos#underwaterphotography#photos#DIVERMAG#nauticam#seatoolrecsea#inon#Canon#Nikon#blueleaf#lascuba

ブルーリーフさん(@blueleaf_okinawa)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

沖縄本島の中部にあり、ビーチ・エントリーが出来ます。

 

おすすめポイントは、水深が浅めなのにクレバス(割れ目)が見られることです!

 

糸満市「大度海岸」

引用:Instagram

 

水深も3mほどと深すぎず、初心者の方でも安心して楽しめますよ♬

 

マリンスポーツ以外でのおすすめはないの?

 

 

天候や季節に関係なく楽しめる「美ら海水族館」や「海洋博公園」、その他にも「首里城公園」「国際通り」などなど観光にピッタリの場所もたくさんあります。

 

春、秋、冬の沖縄にも楽しめるイベントはありますよ♪

 

春のイベント

引用:Twitter

 

まず春の沖縄のイベントをご紹介しますね。

 

3月は「東村つつじ祭り」がおすすめです。

 

5万本のつつじが咲き乱れる景色は圧巻ですよ!

 

4月には映画やお笑いライブが楽しめる「沖縄国際映画祭」が開催されています。

 

引用:Twitter公式

 

かなり大規模なイベントですので、盛り上がれますよ!

 

秋のイベント

引用:Twitter

 

秋の沖縄のおすすめは、毎年10月の体育の日の連休中日に開催される伝統行事「那覇大綱挽き」です。

 

沖縄県内には綱引きによってその年の吉凶を占うという風習が各地に残るが、那覇の綱挽は1600年代から行われていたとされる。

17世紀、那覇が首里の外港としての地位を確立すると、西村、東村、若狭町村、泉崎村の「那覇四町」が成立した。

そうした中、四町が東西に分かれてみーんな(女綱)とをぅーんな(男綱)をかぬち棒でつなぎ、東西に分かれて綱を引き合うという「那覇四町大綱」(ナーファユマチウーンナ)が定着したとみられる。

その後、那覇の発展とともに周辺の村々も加わるようになって琉球王国の国家的催事となり、1812年には「那覇綱挽規模帳」が作成されてルールが明確化。

祝賀行事としてだけでなく、薩摩藩や清からの使節の歓迎行事としても行われるようになった。

引用:Wikipedia

 

お祭りで使用する手綱は持ち帰りが出来るそうです。

 

また、10月下旬から11月上旬には「首里城祭」があります。

 

引用:Twitter

 

“琉球王朝絵巻行列”や“琉球王朝祭り首里 古式行列”が華やかに行われ、夜には“万国津梁の灯火”もあります。

 

冬のイベント

引用:YouTube

 

冬に沖縄に行くなら、糸満市で毎年開催される「いとまんピースフルイルミネーション」がおすすめです。

 

「いとまんピースフルイルミネーション」は、沖縄戦終焉の地の糸満市から、「平和」への祈りをイルミネーションに託して世界へ発信するイベントです。
県民・市民参加型のイベントとして、ボランティアの皆さまをはじめ、県内外の協賛企業さまの
ご支援をいただき開催しております。

引用:いとまんピースフルイルミネーション公式サイト

 

12月から翌年1月までの開催です。

 

年越しを沖縄で迎えるのも最高の思い出になるのではないでしょうか。

 

旅行費用でおすすめの時期はあるの?

 

 

「出来るだけ沖縄に安く行きたい!」

 

そりゃ誰しもそう思います(笑)

 

特定のイベント狙いで行く以外はお得に行きたいですよね。

 

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みは当然高い料金設定になっています。

 

海水浴シーズンも航空券の料金がやはりお高いようです。

 

料金的に安定しているのは、6月、9月中旬から翌年2月になりそうです。

 

底値は1月のお正月休み明けだそうです。

 

「とにかく安く!」という方はお正月明けが狙い目ですね。

 

高い時期でも、LCCを利用すればJALやANAのような一般航空会社より安く航空券を買えますよ!

 

早期購入割引なども最大限利用して移動にかかる費用を少しでも抑えることが出来れば、沖縄のベストシーズンを楽しめます。

 

気候はどう?

 

 

亜熱帯気候の沖縄ですが、そうはいっても四季がちゃんとあります(笑)

 

気候の特徴としては高温多湿で、雨も多い気候です。

 

マリンスポーツを楽しむなら夏真っ盛りの時期が一番ですが、それ以外であれば3月から4月は、晴天の日が比較的多くて湿度も低めなので、過ごしやすいと思います。

 

この3月から4月は「うりずん」と呼ばれています。

 

うりずんとは

(沖縄地方で)初夏。陰暦二、三月の頃。うるじん。

「潤い初め(うるおいぞめ)」が語源とされる。冬が終わり大地に潤いが増してくる時期(2〜4月)のことをいうが、本土の春とは趣が少し異なる。若葉がいっせいに咲き、草花はその彩りを増して、大地を潤していくていく、そんな様子が目に浮かぶ言葉である。よくネット上で「初夏」と紹介されているが、それは間違い。

引用:weblio辞書

 

冬の寒さがゆるんで、気温が20℃前後になるころです。

 

沖縄には杉の木がほとんどないため、スギの花粉症が酷い人が、花粉から逃れるためにこの時期沖縄に滞在することもあるそうですよ!

 

同様に、9月に入るとまた過ごしやすい気候になります。

 

日中の気温は30℃を超えますが、朝晩は気温が下がってくるので気温差には注意してくださいね。

 

11月から2月の冬の時期は、さすがに沖縄でも体感温度が10℃以下に感じる日もあるそうです。

 

晴れの日も少ないですが、雨も少ないので観光にはちょうどいいかもしれません。

 

 

まとめ

 

海水浴やダイビングを楽しめるのはもちろん、1年を通して様々なイベントがあるのでいつ旅行に行っても満足出来るのが沖縄です!

 

旅行の目的に合わせて、おすすめスポットを探してみてくださいね。

 

湿度は高い時期がありますが、気温も本州に比べたら年中安定していますので、上着で調節すれば快適に過ごせそうです。

 

出来るだけ旅費を抑えて現地で豪快に楽しみたいなら、旅費が安い9月中旬から翌年2月までがおすすめです。

 

【おまけ】うちなーぐち(沖縄の方言)をちょっとご紹介

 

 

沖縄って独特な方言がありますよね。

 

『めんそーれ』は「いらっしゃいませ」

 

『ハイサイ』は「こんにちは」

 

『にふぇーでーびる』は「ありがとうございます」

 

その他にも日常会話で登場するかもしれない言葉を少しご紹介しておきますね!

 

『だからよー』

 

言葉だけ見るとなんか印象悪いですが(笑)

 

これは「そうだねぇ」「そうなんだ」という意味なんだそうです。

 

共感したりした時の相槌なんだそうですよ♪

 

『イイはず』

 

多分大丈夫、という意味ではありません。

 

「うらやましいなー」とか「いいじゃん!」という褒めるニュアンスの時に使われるそうです。

 

ただし冷めた目で「イイはず」と言われたら「うらやましいご身分ですこと」って感じの皮肉っぽいニュアンスになりますので、浮かれないようにしてくださいね(笑)

 

『〇〇しましょうね』

 

子どもに何かを促す時に使うような言葉ですが、全く逆です!

 

「(自分で)しておきます」の意味だそうです(汗)

 

これはちょっとハードル高そうです。

 

『もらう』『いつ帰るの?』『今から来るよ』

 

これらもどちらかというと標準語の逆になります。

 

『もらう』は「あげる」

 

『いつ帰るの?』は「いつまでいられるの?」

 

『今から来るよ』は「今から行くよ」

 

頭がこんがらがってしまいそうですが、その土地の方言に触れるのも旅のいいスパイスかと思います。

 

そんな沖縄挙式についても紹介しているので是非立ち寄ってみてくださいね♪

国内ウェディング&ハネムーンのおすすめはありのままの沖縄

2018年3月10日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

思い出に残る旅行になることを心より祈っています♡

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です