海外ウェディング&ハネムーンのおすすめは一歩差をつけるパラオ

 

 

海外挙式を考えてる人が増えてきましたね。

 

ハネムーンも兼ねて海外で挙式を挙げる人もいるみたいですね。

 

海外挙式の場合はスケジュール調整に手間取る可能性が高いので1年前には準備を始めているみたいです。

 

今回取り上げるのは「パラオ」です。

 

おススメするチャペルや旅行スポットなどを詳しく紹介したいと思います♪

 

おススメするウェディングスポット3ヶ所の紹介

 

ホイトビーチウェディング(パラオ·パシフィックリゾート) 

 

1日1組限定。

 

南国ムード溢れるトロピカルウェディング♪パラオ随一の五ツ星リゾート地になる「パラオ パシフィック リゾート」

 

真っ白に輝くビーチに、心地よい波の音♪

 

写真を見ればわかりますが、パラオらしいカラフルな花々で飾られたバージンロードなんて素敵すぎます(^^)

 

ダイナミックなパノラマビューを舞台にした挙式は感動すること間違いなしです。

おふたりが永遠の愛を誓う頃、どこまでも広がる水平線から奏でられるシャンパンゴールドの光のショーが最高にロマンティックに盛り上げてくれます。

 

極上のトロピカルウエディングを堪能できる一日一組だけの楽園セレモニーを心に焼き付けてくださいね♪

 

ガゼボ ウェディング(パラオ·パシフィックリゾート) 

 1日1組限定。

 

パラオ随一のラグジュアリーリゾート「パラオ・パシフィックリゾート」の敷地内には、絵画のようにロマンティックなスポットが点在しています。

 

中でも透明度の高い海上にかけられた桟橋と、その突端に佇むガゼボが素敵なんですよ(^^)

 

海上のガゼボで、素朴な温もり、潮風と海の煌めきが、ふたりのウエディングのステージに♪

 

桟橋がそのまま特別なセレモニー空間へと導くバージンロードとなるため、まるで海の上を歩いているかのような爽快感が味わえますよ♪

 

ドルフィンウェディング

 

1日1組限定。

 

おふたりだけの空間を独占でき、とびきり贅沢な時間をイルカ達と一緒に過ごせるなんて夢みたいで素敵すぎます(^^)

 

セレモニーの舞台は、世界一広いイルカの園ドルフィンベイ。緑豊かなロックアイランドに囲まれた広大な空間で行われるパラオ伝統の厳粛なセレモニーになります♪

 

そして、思い出深い挙式の後に始まる、イルカ達の祝福のパフォーマンスは感動すること間違いなし(^^)

 

おふたりの号令で集まるイルカ達の笑顔に癒され、永遠の愛を誓うというロマンティックな夢が叶いますよ。

 

パラオってどんな場所なんだろう?

 

 

日本から南に約3000kmの場所にあり、そこには大小300余りもの島々が点在しています。

 

それらの島々こそ「ロックアイランド」と呼ばれ、パラオ共和国の象徴になるんですね。

 

通説によればパラオの海には700種以上の魚類、2000種以上のサンゴが生息していると言われています。そんなパラオには大物や数え切れないほどの魚群を求め、世界中から多くのダイバーが訪れてるんですよ(^^)

 

ダイバーの聖地となっていますが、実はダイビング以外にも大自然を楽しめるアクティビティーが沢山あります。

 

シュノーケルやシーカヤック、沢山のくらげが生息するジェリーフィッシュレイクや美白効果たっぷりの泥が沈殿するミルキーウェイなどロックアイランドには魅力的なアクティビティや見所が盛り沢山です♪

 

その他には、エステやスパで心と体をリフレッシュすることもできます。

 

是非一度パラオを訪れてみてください♪パラオの緑と海に囲まれて最高のリゾートライフを、楽しめるはず♪

 

気候は日本とどう違うの?

 

 

パラオは、海洋性熱帯気候で、高温多湿になります。

 

冬・春は乾季で湿度は低く、夏は雨季で高湿度となり、秋はその移行期になります。

 

温度・湿度は、コロール島での年間平均気温は27.7℃、月平均気温の月間較差は0.7℃と、気温は年間を通じてほぼ一定しています。

 

平均最低気温は2月の27.2℃、最高気温は5月の27.9℃と温暖なパラオ。

明瞭ではないですが季節は2つに分けられています。

乾季(11月~4月)

雨季(5月~10月)

 

降水量は、2月~4月にやや少なく、熱帯収束帯が北上し、ヤップの北に位置する6月~8月には激しいスコールが多いようです。

 

注意しないといけないことがあり、パラオは台風の発生域の西端にあり、ときに台風の卵(熱帯低気圧)が生じて被害を受けることがありますが、一般には風力風速は小さいです。

 

なので、乾季の11月〜4月がベストシーズンですね(^^)

 

おススメする旅行スポットの紹介

 

ロックアイランド

引用:https://welove.expedia.co.jp/destination/oceania/palau/4757/

こちらの動画をご覧ください♪

 

素晴らしいの一言・・・(*’▽’)

 

ロックアイランドは火山とサンゴの隆起により出来た島々の総称で、文化、自然遺産の複合遺産として登録されているんですよ(^^)凄いですね♪

 

山の様に突出した島々が長い年月を掛けて風化し、マッシュルーム型に変化してきたんですね。

 

自然の力って本当凄い(^^)

 

ミルキーウェイ

引用:https://www.veltra.com/jp/beach_resort/palau/a/17673/images?display=activity

 

こちらの動画をご覧ください♪

 

パラオに来たら絶対に外せない場所の1つであるミルキーウェイ。

ロックアイランドはサンゴ礁の石灰岩でできていて、これが海の浸食で削られ、入り江に堆積します。 その石灰岩の砂は発酵して独特の白色の泥となっているので、海の表面から見ると他の場所とは違って白っぽく見えるんですね。

 

注意しなければいけないことがあり、ミルキーウェイに行くには観光会社であるインパックやRITCが主催するロックアイランド方面のツアーに参加する必要があります。

 

他のポイントの観光も含めて朝から夕方までのツアーで、料金はだいたい100ドルかかります。(その他、海の許可証代として50ドルかかります)

 

ミルキーウェイに着くと、ツアーボートを停泊させて、ガイドが水中に潜ってこの泥をかき集めてくれます。 海水と混ぜて適度なドロドロ感を出した後は、これを全身に塗ります。(発酵しているのでちょっとくさいですが(汗)

 

塗った泥が乾いた後は、海に飛び込んで洗い流します。すると、塗る前と比べて肌がもちもちしっとりしていることにきづきますよ(^^)♪

 

ガラスマオの滝

引用 https://www.veltra.com/jp/beach_resort/palau/a/10700

 

こちらの動画をご覧ください♪

 

パラオで一番大きな島であるバベルダオブ島にあるガラスマオの滝は、海の遊びとはまた違った、おススメポイントになります。

 

レンタカーなどで直接行くと入場料(10ドル程度)だけで済みますが、 正確に場所がわからない場合はツアーで参加するのが安全です。

 

滝までは約1時間くらい歩きますが、 滝に行くまでの道のりは、本物のジャングルなので、スリル満点なはず(^^)♪

 

日本が統治していたころに使われていたトロッコの線路跡や景色の開けた場所も通るので、ハイキングにもおススメ♪

 

滝の水量は、あまり多くないので時期によりますが、滝の裏側に入ることもできます。運がよければ滝の水しぶきで虹が見えることも☆彡

 

まとめ

 

  •  ウェディングスポットの紹介では、1日1組限定ですが、最高のウェディングになること間違いなしですよ♪

 

  •  パラオの海は魚や珊瑚の種類の多さにはビックリですね(汗)ダイビング以外にもシュノーケルやスパもあるので、ゆっくり過ごせそうですね(^^)

 

  •  パラオの気温は27℃前後で、乾季と雨季の2つになるそうです。

 

  •  旅行スポットでは、自然遺産のロックアイランドや、お肌ツルツルになること間違いなしのミルキーウェイ、マイナスイオンたっぷり浴びれるガラスマオの滝。

 

 

全部行ったとしても後悔は、なさそうですよ(^^)

 

透き通った青い海。

 

自然溢れる山並み。

 

大自然の中での挙式を存分にあじわってくださいね。

 

海の遊びで有名なパラオですが、ジャングルと滝でいろんなパラオを楽しんでください♬

 

 

場所やプランで悩んでいるなら『プラコレ』がすべて解決してくれますよ♪

 

 

『プラコレ』について詳しく知りたい読者様はこちらの記事で紹介しています♬

私が出会った「プラコレウェディング」の魅力や評判・口コミを紹介

2018年10月25日

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

【特集まとめ】これまでご紹介した国内外の挙式まとめ

 

TOPに戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です