パスポート写真にもOK!眼鏡、ピアス、お化粧のポイント

 

 

こんにちは!SHIHOです♪

 

海外旅行に行くときには欠かすことのできないパスポート。

 

外務省で発行されるものなのでかなり色々なルールがありそうで、あまり満足のいく写真じゃないという方、多くないですか?

 

SHIHO
私もそうなんです…入国審査の時にしか使わないし、イマイチでもいいんですけど、できればよく映りたい!それがオトメ心ですよね♡

 

そこで今回は、ちゃんとルールに則りつつも、キレイに自分らしい写真を撮るポイントを解説していきたいと思います♪

 

これからパスポートを作る方、更新時期が迫っている方の参考になりますように…!

 

パスポート申請用写真のルールって?

 

 

まずは、ルールを確認しましょう。

 

 パスポート申請用の写真の規格は国際標準に従い、以下のとおり定められています。パスポート所持者が渡航先で出入国審査をスムーズに行えるための規格ですので、適正な写真の作成・提出につきご理解・ご協力をお願いします。

  • 図 パスポート申請用写真の規格

(1)パスポート申請用写真の規格等

 パスポート申請用写真に関する規格や注意事項につきましては、以下のとおりです。詳細につきましては、「旅券用提出写真についてのお知らせ(PDF)別ウィンドウで開く」をご覧ください。

 

  • 申請者本人のみを撮影したもの
  • 6カ月以内に撮影したもの
  • 正面、無帽、無背景
  • 縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)
  • カラーでも白黒でも可
  • 鮮明であること(焦点が合っていること)
  • 明るさやコントラストが適切であること
  • 影のないもの
  • 顔の縦の長さは、写真縦の70~80%(34±2ミリメートル)であること
  • 背景と人物の境目がはっきりしていること
  • 眼鏡のレンズに光が反射していないこと
  • 平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
  • 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
  • ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと
  • 変色していないもの、傷や汚れのないもの
  • デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

引用:外務省

 

SHIHO
ふむふむ…。たくさんあるようだけど、要するに顔がはっきりと写っていたらよいということね!サイズはよく撮る履歴書とかのものより大きめなのですね。

 

メガネの場合はどうしたらいいの?

 

 

上で紹介した外務省のルールに「眼鏡のレンズが光に反射していないこと」とありますね。

 

他にも眼鏡の縁が目にかかっていないこと(旅券用提出写真についてのお知らせ(PDF):外務省HPより)とか、眼鏡の人は結構気をつけるポイントが多くて大変そうです…

 

でも大丈夫ですよ!これさえ押さえれば眼鏡の方でも写真映りがバッチリなポイントがあるのです♪

 

角度が命!

カメラの位置や椅子の高さを調節して、カメラと眼鏡(=目)の高さが水平になるようにセットしましょう!

 

SHIHO
顎を引き気味にすると尚良しです♪

 

ブルーライトカット加工のレンズは角度を注意しても反射しやすいそうなので要注意です!

 

メガネでも映えるメイクのコツ♡

SHIHO
メガネをかける時のメイクはバランスが命です!バランスをとるちょっとしたコツをご紹介します♡

 

フレーム

フレームのないデザインの場合は、目元がぼんやりしてしまいがちなのでアイメイクをしっかりめにすると顔がはっきりしてきれいに写ります。

 

反対にフレームがあるデザインでは、フレームで目元が強調されるので、アイメイクは控えめにしましょう。

 

ただ、近視など度が強いメガネをかけている場合は普通より目が小さく写るので、フレームのあるデザインでもアイメイクをしっかりめにしてもよいと思いますよ!

 

SHIHO
とはいえ、整形メイクや詐欺メイクのように誰だかわからないようなメイクではパスポート用としてはふさわしくないので注意しましょうね!

 

黒・青など寒色系のフレーム(縁)のメガネの場合、ピンク系メイクとの相性がGOOD♪

 

茶色・赤系、暖色系フレーム(縁)のメガネの場合はオレンジ系メイクが合いますね!

 

アイカラーだけではなく、チークなどもメガネの色に合わせてチョイスすると顔全体のバランスが整うと思います♪

 

ピアスは私のアイデンティティ

 

 

アクセサリーについては顔や頭髪の一部が隠れる装飾品はNGとされていますが、耳のピアスは小ぶりなものならば基本的にはOKでしょう。

 

ただ、口ピアスや眉ピアス、鼻ピアスなどのボディピアスは、パスポート申請先が国内ででそれらはまだまだマイナーなアクセサリーなので外せるならば外していった方が無難かもしれません…

 

SHIHO

顔のボディピアスはグレーなのでしょうか…?明らかにピアスだけど、見る人によっては、ということもあるかもしれませんね…

 

お化粧はどの程度OKなの?

 

 

「実際の容姿と著しく異ならないこと」

 

これだけ守れば大丈夫です!

 

カラーコンタクトはNGなので、普段カラーコンタクトをしている方も撮影のときだけは外して撮影するようにしましょう。

 

SHIHO

国によっては瞳の色でも本人確認をしているからだそうです!

 

髪型や髭など、時が経つにつれて変化するものは特に重視されていないそうなので、まつエクやつけまつげはOKです♪

 

まとめ

 

 

厳しいと思っていたルールですが、国際規格で定められていて世界中の人々の本人確認をする写真なので、意外にも許容範囲が広いように感じました!

 

今回押さえておきたいポイントとしては、

眼鏡をかけて撮るときは角度に注意して反射しないようにすること

耳のピアスはOK。顔のボディピアスは外した方が無難

お化粧は、実際の容姿と著しく異ならない範囲ならOK

ただし、カラーコンタクトはNG

 

ということです!

 

なるべくよく映りたいなら、やはり写真館などでプロに撮ってもらうのがベター(用途に応じて身だしなみについてもチェックしてくれますしね♪)

 

ですが、証明写真機などご自分で撮影するときには、本人確認はこんな風に行われているそうですので、それを踏まえて準備してみてくださいね!

 

本人確認では、経年変化しやすい髪型や肌の色などの外見以上に、目、鼻、口の位置や骨格の形状が重視される

引用:証明写真インフォナビ

 

他にも、パスポートや旅行準備についての記事も書いていますので、よかったら覗いてみてくださいね♡

新居とカップル

新居へ引越したらパスポートの住所変更は必要?どうやって手続きするの?

2018年12月15日

パスポートの更新や申請に必要な費用は!?どのくらいの値段になる??

2018年11月3日

パスポートの更新や申請にかかる時間は?受け取るまでの期間は?

2018年10月30日

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

TOPに戻る

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です