【海外旅行体験記】 まるで近未来都市?!多民族国家シンガポールのディープスポットとは?

こんにちは、SHIHOです。

みなさん、突然ですが質問です。

2015年に建国50周年を迎えたもっとも勢いのある多民族国家はどこでしょう?

 

その答えは・・・・シンガポールです!

 

シンガポールは比較的若い国ということもり、近未来都市的な風景も多くあります♪

しかもシンガポールは、中華系、マレー系、インド系など様々な民族からなる多民族国家でもあります。

 

SHIHO
そのため、文化の混ざり合うシンガポールや、進化を続ける近代的なシンガポールなどさまざまな面が見られてとってもオススメの旅行スポットです♪

 

今日はそんなエネルギー溢れる魅惑のシンガポールについて紹介したいと思います。

 

アジア旅行に興味がある方はこちらもご覧ください♪

【海外旅行体験記】週末海外旅行の定番「韓国」の一味違う楽しみ方

2018年12月11日

【海外旅行体験記】「本当にベトナム?」お得に贅沢が楽しめるベトナム・ダナン

2018年11月21日

【海外旅行体験記】 時間もお値段も節約!おすすめ&人気のアジア旅!

2018年11月7日

 

シンガポール基本情報

 

 

正式名称は「シンガポール共和国

日本との時差は−1時間です。

面積は721.5k㎡(2017年)と、おおよそ東京23区と同じくらいの大きさです。

 

 

SHIHO
シンガポールは埋め立てによって年々面積が広くなっているという物理的にも発展している国なのです!

 

シンガポールへのアクセスは、日本の主要都市から直行便が就航しています。

東京からシンガポールへは約7時間で行けちゃいます。

夜発便もあるので仕事帰り出発で時間のフル活用もできます!

 

スクートやライオンエアーなどのLCCもあります。

時間がかかってもいいから安く航空券を取りたい方にもおススメです!

 

他にも、五つ星エアラインのシンガポール航空もありますよ♪

有名なCAさんの制服「サロンケバヤ」や機内で飲める「シンガポールスリング」と飛行機に乗り込んだ瞬間からシンガポールを感じる旅も憧れますよね♪

 

スポンサーリンク

 

世界小旅行ができちゃう?!オススメスポット

 

多民族国家のシンガポール。

東京23区ほどの広さの中に、チャイナタウンやリトル・インディア、アラブ・ストリートなどがあります。

そのため、ちょっとた世界小旅行もできちゃいます!

 

チャイナタウンの様子です。

提灯の色使いが、中国っぽいですよね〜。

そんな中国も、近いのですぐいけちゃいますよ♪私も、中国圏にもよくいきました!

【海外旅行体験記】定番から穴場まで台北グルメ満喫☆食べ歩きの旅

2018年12月19日

【海外旅行体験記】意外と手軽に行けちゃう!?上海ディズニーの魅力!

2018年11月8日

 

 

シンガポールとマレーシアの文化が融合したプラナカン美術館もパステルカラーでかわいいです♪

 

アラブストリートにあるイスラム寺院の「サルタン・モスク」です。

モスクの中を見学もできますよ。

 

さて、こんな素敵な小旅行ができちゃうシンガポール。

色々行きたいけれど、移動はどうすればいいの?と思いますよね。

 

私のオススメは、メトロです!

メトロは、縦横無尽に通っていて治安もいいのでおススメです!

 

日本のSuicaのようなICカードのシンガポール版が「ez-Link card」と呼ばれています。

メトロの窓口などで購入できます。

私は駅の中にあったセブンイレブンで購入しました。

これがあれば券売機で切符を買わなくて済むので、時間が限られている旅人には嬉しいですよね。

そしてez-link card利用は切符より少し安いんです

 

有効期限は少なくとも5年、最大7年(ネットで確認可能)となっていますよ。

期限内であればまた次訪れる時も利用できるのもメリットです。

 

SHIHO
旅の思い出になるだけではなく実用性があるなんてとってもいいですよね♪

 

さて、そんな小旅行ができちゃうシンガポール!

その中でも特に私がオススメしたい3つの海外気分をご紹介いたしますね♪

 

まるでインドにいるみたい?ムスタファ・センター

オススメ1箇所目は、ムスタファ・センター

 

リトル・インディアの地区にあります、シンガポール版ドンキ・ホーテです!

 

引用:Instagram

 

なんと24時間空いています

早朝着でホテルのチェックインまで時間があるときなど朝に行くのがオススメ

ここは、バラマキ土産を求める日本人観光客や、買い出しにきているインド人家族の団体も多く訪れます。

そのため、少しでも時間をずらした方がゆっくりと欲しいものを探せますよ♪

 

そして攻略するには、欲しいものをあらかじめリストアップしておくこと。

せまい通路に所狭しに商品が並んでいて、とんでもなく広いんです!

SHIHO
私も初めて行った時は、延々と彷徨ってしまって大変でした〜!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yui.h__★さん(@tami_cham)がシェアした投稿

引用:Instagram

一階には日用品があります。

ELIPSのヘアオイルやアーユルヴェーダ化粧品の代表格ヒマラヤ社の化粧品、アーユルヴェーダの石鹸も多数揃っています。

 

上の階には、お菓子やシンガポール土産があります。

マーライオンの置物や国花の蘭をあしらったものもあります。

サロンケバヤ柄のワンピースやポーチなども喜ばれるかもしれませんね♪

 

他にも、地下一階にはインド人のサリーの生地や洋服が売っていて見るだけでも綺麗ですよ。

 

 

さてここは半分インド、混沌の地。

欲しい商品が売り切れていることもありますし、商品なのに封が開いていたりすることも。

私も大好きなチャンデリカのアーユルヴェーダ石鹸が欲しかったのですが見つからず、お店の人に聞いても「ない」と即答。

なくなく次回にと諦めました〜。

 

お土産でオススメなのが石鹸です!

1つ100円前後のものばかりで肌に優しいのでバラマキ土産に人気です。

パッケージもかわいいものもありますよ♪

 

日本人の活躍、アートサイエンスミュージアム

シンガポールでオススメなのは、海外の文化ばかりではありません!

なんと日本人が手がけているアート作品も見られちゃうんです。

 

みなさん、チームラボはご存知でしょうか?

最近森ビルでの常設展も大人気ですが、なんとシンガポールでも楽しめちゃうんです!

 

沢山の観光客だけでなく現地の方々にも人気の施設です。

マリーナベイサンズの近く、近代都市のような一角のハスの花のような白い建物のなかにあります。

この建物は「歓迎の手」とも呼ばれ10本の指をイメージしているんですって♪

入場料は大人19ドル、子供14ドルとなっています。

お子さんがいる方もいない方も、大人だけでも十分楽しめます。

 

 

祖母と訪れたこともありますが、子どものころに戻ったように遊んでる姿を見てアートは年齢も国籍も関係なく魅了されるものだと感じました。

ぜひシンガポールに滞在する際は訪れて欲しいスポット個人的に第1位です

 

世界各国の文化を楽しむことができるだけでなく、日本の近代アートまで楽しめちゃうシンガポールってすごいですよね!!

 

シンガポールでイギリス気分?!

みなさん、シンガポールって実は紅茶が美味しいって知っていましたか?

 

かつてシンガポールはイギリスの植民地でした。

そのため、イギリスのアフタヌーンティーと同じようなハイティーという習慣があります。

 

ラッフルズやリッツカールトンなどの有名ホテルでも楽しめます。

豪華なラウンジで優雅にお茶を嗜むなんてなんと贅沢な時間でしょう。

旅で疲れた身体も癒されますね♬

 

旅行中ということも忘れ豪華な室内でついつい話し込んでしまいました。

 

ハイティーはホテルによってはネット経由で予約することもできます。

しかし、英語が苦手!という方はシンガポール到着後ホテルで予約してもらうこともできますよ♪

 

結構しっかりと食事の量が出るのでお昼を抜いてから行きましたが、大正解でした。

 

時間がなくてお茶だけなら、高島屋やマリーナの中にあるTWGがおススメ!

紅茶種類は本当にたくさんあるので好きな茶葉の種類で選ぶのもいいですね♪

他にも、お茶の名前もとっても可愛いのでそれで選んでもいいかもしれません。

 

ちなみに私は「ピンクフラミンゴ」が好きです♪

すごく綺麗なピンク色とハイビスカスティーのようにさっぱりした味にどハマりしました。

スポンサーリンク

 

世界各国が楽めるだけじゃない!シンガポールのオススメスポット

 

さて、ここまでは色々な文化を紹介してきました。

ここからはシンガポールならではのオススメスポットを紹介していきます♪

 

新旧植物園対決

シンガポールには大きな植物園が2つあります。

ガーデン・バイ・ザ・ベイはまるでSF映画のような近未来の景色

もう一つが世界遺産に登録されているボタニック・ガーデン

 

まずは、ガーデン・バイ・ザ・ベイからご紹介いたします♪

 

 

こんな、珍しいお花もあります♪

 

 

な、なんと植物園の中に滝があるのです!!

ちょっと、この感じジブリに出てきそうですよね♪

 

ガーデン・バイ・ザ・ベイは涼しいので羽織るものがマストです!

 

こちらはボタニック・ガーデンの様子。  

お天気がいいととっても気持ちいいです。

ボタニック・ガーデンで見たことない南国の花たちを眺めて芝生でゴロゴロなんてのも贅沢ですよね。

 

どちらに行こうかと迷ってしまいますよね♪

お天気が良ければボタニック・ガーデン悪ければ屋根のあるガーデン・バイ・ザ・ベイ

 

こんな風に、お天気で決めるのはいかがでしょうか。

 

最後の空港まで楽しい!

チャンギ国際空港はワールドエアポートアワード2016で第1位の世界トップクラスの空港です。

飾りがとっても綺麗ですよね♪

旧正月のころだとこんな飾りも…!

待ち時間も退屈しないように色々な工夫がされているんです。

映画館や無料のフットマッサージ、完全に横になれるベンチなど大人が休憩できるものがあります。

 

この他にも、ひまわりガーデンやバタフライガーデンなんてものも空港の中にあるのです!

びっくりですよね。

 

もちろん、子どもたちが遊べるスペースもあちらこちらにあります。

そしてなんと!高さ12メートルから滑る巨大滑り台もあるのです。

 

公共エリアにあるのでなかなか行けなかったのですが今回初めて行けました。大人でも問題なく滑れました。

 

近くのインフォメーションで、10ドル以上のレシートを見せて滑り台用のQRコードを発券してもらいました。

最大秒速6メートルも出るらしいのですが、怖がってしまいそんなスピードもでず。

子どもたちの方が上手にびゅんびゅん滑っていました!

 

シンガポールは魅力がいっぱい!

 

ここまで、たくさんのシンガポールの魅力をお伝えしてきました。

多民族国家ならではの大らかさ、建築物の多様性、発展している国や人々のエネルギー。

新しいものも伝統も大事にしているそんな国だと思います。

ぜひ、エネルギー溢れる魅惑のシンガポール訪れてみてください!

 

TOPに戻る

 

他の国の旅行体験記もご覧ください♪

エレバン

【海外旅行体験記】愛すべき国民性。アルメニア・エレバンが面白い!

2018年12月29日

【海外旅行体験記】アマルフィってどこ?絶対に見るべき崖にそびえ立つ家って何⁈

2018年12月26日

【海外旅行体験記】珍道中スペインバルセロナの旅とホテル「バルセロサンツ」紹介

2018年10月25日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です