【海外旅行】台湾で使うwifiレンタル!おすすめのルーターと容量は?

 

皆さんこんにちは♪

 

SHIHOです。

 

台湾旅行をお考えの方!

 

台湾でのネット環境はどうようにお考えですか?

 

  • WiFiルーターをレンタルする
  • SIMフリースマホに現地でSIMカード入れる
  • 日本で契約しているスマホを「海外データ定額プラン」で使う

 

この3つの方法が代表的な方法ですね♪

 

この他に、街中やホテルのWiFiを使うという方法もありますが、どこでもフリーWiFiがあるわけではないので、地図アプリで現在地を調べたり、台湾の地下鉄(MRT)の乗り換えを調べたりなど、必要なときに必要な情報が得られないかもしれません。

 

WiFiルーターやSIMカードを準備し、何かしらのネット環境を準備することをおすすめします。

 

SHIHO
いつでも使えるネット環境があると、移動時間に情報収集ができ、効率的に旅行を楽しめますよ♪

 

しかし、日本の皆さんが使っているスマホはSIMフリーになっていないことが多いです。

 

そのため現地でSIMカードを購入しても使えない場合があります。

 

SIMフリースマホに関してはこちらの記事で解説しています♪

 

【海外旅行】スマホを購入?そのまま使う?SIMフリーについての注意点

2018年11月15日

 

次に、日本で契約しているスマホで海外データ定額プランを使う方法ですが、こちらは少し料金が高く、コスパも悪いと言われています。

 

そこで、日本で使っているスマホを1番手軽で簡単でコスパが良い方法は、WiFiルーターをレンタルすることかと思います。

 

私が台湾とベトナムに行ったときはWi-Ho!というところからWiFiをレンタルしました。

 

※Wi-Hoのレビューについてはこちらをご覧ください

 

【海外旅行】Wi-Fi レンタルおすすめのWi-Ho!を実際に使った感想とレビュー

2018年11月5日

 

もちろんこの他にも様々なところからレンタルが可能です!

 

また、日本での受け取りではなく、現地到着してからレンタルする方法もあります。

 

SHIHO
日本・台湾でのレンタル方法と、代表的な会社をご紹介します♪

 

[quads id=1]

 

日本でルーターを受け取る

 

 

日本でルーターを受け取る場合、出発空港で保安検査前に受け取るのが一般的です。(自宅への配送を行っている会社もあり)

 

すべて日本国内で行うので、予約から受け取り、返却まですべて日本語で完結できるのが最大のメリット。

 

また、到着後すぐ使えるため1分1秒でも無駄にしたくない人におすすめです。

 

返却は日本へ帰国後、空港内のポストへの返却が多いです。

 

 

こちらの記事で各社について解説しています。

 

【海外旅行】安心のwifiレンタル!おすすめの格安ルーターをランキングでご紹介!

2018年10月21日

 

成田空港・羽田空港で受け取りをお考えの方は、こちらも要確認!

 

【海外旅行】 wifi 海外ルーターレンタル 成田空港と羽田空港の場合

2018年11月1日

 

台湾でルーターを受け取る

 

 

台湾の空港についてから、現地で受け取る方法です。

 

インターネットで日本から予約し、オンラインでカード決済をすれば、台湾の通貨への両替なしで受け取れます。

 

予約なしでも現地に到着後、通信会社のカウンターにいけばレンタルも可能です。

 

台湾は日本人観光客が多いので、料金表が日本語で書いてある事があります。

 

「とにかく早く空港をでて観光したい!」

 

「週末の弾丸旅行だから時間が限られている!」

 

という方には向いていませんが、一般的に日本でレンタルするよりも安いのが最大のメリット。

 

SHIHO
オンラインで予約可能で日本語のホームページがある3社をご紹介します♪

 

FUN Wifi台湾

引用:FUN Wifi台湾

 

FUN Wifiは、LCCが多く発着する桃園空港内にカウンターも持つ会社です。

 

現地にカウンターを持ちながら、日本での受け取り(自宅への配送)も行っているため、初めての台湾旅行でも安心です。

 

SHIHO
もちろん現地での受け取りも可能!受け取り方法がどちらでも対応しているのが嬉しいですね♪

 

kkday

引用:kkday

 

kkdayは現地でのオプショナルツアーを販売しているサイトです。

 

ルーター以外にも、台湾の新幹線チケットの販売などを行っています。

 

SHIHO
日本からのLCCが多く到着する桃園空港第1ターミナルは24時間営業なので、深夜発着でも安心♪

 

iVideo

引用:iVideo

 

こちらは台湾系のWiFi会社です。

 

早割特典や、長期利用の割引などがあるので、条件があえばお得に利用できます。

 

SHIHO
空港内にあるコンビニでの受け取りになる場合が多いようです!!

 

容量はどのくらい?

 

 

WiFiルーターを選ぶ時、容量って迷ってしまいますよね。

 

容量をオーバーすると、通信制限にかかり、通信速度が遅くなったり、通信ができなかったりします。

 

オーバーをしないように以下を参考にぴったりな容量を選んでみてください。

 

引用:グローバルWiFi

 

この容量は、1人で使った場合なので、旦那さんと2人でルーターを使ったり、グループで1台を使ったりする場合だと、上の表よりもできることが少なくなります。

 

SHIHO
WiFiを使うときだけ、ルーターの電源を入れるようにすると、容量とバッテリーの節約ができますよ♪

 

[quads id=2]

 

まとめ

 

 

日本と台湾、それぞれWiFiルーターをレンタルできる会社をご紹介しました。

 

どちらもそれぞれにメリット・デメリットがあります。

 

日本で受けとる場合のメリット
  • すべて日本語で完結する
  • サポート体制が厚い(LINEでの対応や24時間サポートなど)
 

 

日本で受けとる場合のデメリット
  • 現地受け取りにと比べると高い
  • 機内へ持ち込むため、スペースをあけておかないといけない
  • 移動日などで実際にはWiFiを使わない日も料金がかかる(深夜発着の場合など)

 

台湾で受け取る場合のメリット
  • 価格が安い
  • 機内持ち込みの荷物を減らせる
  • 動作確認がその場でできる

 

台湾で受け取る場合のデメリット
  • 受け取りカウンターのスタッフは日本語が話せないことが多い
  • トラブル時の対応は中国語(または英語)
  • 受け取り場所がわかりにくい

 

慣れていない方や、WiFiルーターの使い方に自信がない方は、日本での受け取りがおすすめです。

 

反対に海外旅行慣れしている方は、台湾受け取りにすれば、浮いたお金を観光やグルメなど、他のことに回せますね♪よかったら台湾旅行の記事もありますので参考にしてくださいね!

 

【海外旅行体験記】定番から穴場まで台北グルメ満喫☆食べ歩きの旅

2018年12月19日

 

インターネット環境を整えて、素敵な台湾旅行にしてください!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

TOPに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です