男性も幸せをつかみたい!ブーケトスの代わりは男性版もあるの!?

 

こんにちは、SHIHOです。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。

 

さて、前回の記事では結婚式なら定番と思っていた「ブーケトス」の代わりに演出されるものをご紹介させて頂きました。

 

定番だと思っていたのは私だけだったみたいで、まさかの結婚式を挙げるカップルの2割しか行っていなかった「ブーケトス」。

 

「ブーケトス」に代わる様々な演出をご紹介させて頂いた私ですが、今回は男性版の「ブーケトス」についてご紹介したいと思います。

 

「え!?男性版の『ブーケトス』ってあるの?」

 

意外に思ったそこのあなた!

 

私もそう思っていました(笑)

 

でも、男性にも幸せをおすそ分けしてあげたいじゃないですか(笑)

 

そんな、女性がメインになってしまう結婚式で、なかなか目立つことのない男性版の「ブーケトス」についてご紹介しますね。

 

ブーケトスの代わりに行われる演出についてはこちらの記事をご覧ください。

 

結婚式の定番ブーケトス!代わりの演出は何があるの?人気の演出をご紹介

2018年11月15日

 

 

スポンサーリンク

 

 

新郎が演出する「ブーケトス」ってどんなのがあるの?

 

「ブロッコリートス」

引用:Instagram

 

「ブロッコリートス」、私が出席した友人の結婚式で行われていました。

 

この「ブロッコリートス」ですが、ここ最近の結婚式ではけっこうポピュラーな演出みたいですよ。

 

花嫁さんが「ブーケトス」で幸せをおすそ分けするなら、新郎も「自分も幸せをおすそわけしたい!」と言うことで行われるそうです・・・。

 

こちらの「ブロッコリートス」ですが、なんと日本が発祥の地なんです。

 

形がブーケに似ているからという理由はモチロンですが、小さな房が集まる形状をしているので「子孫繫栄」という意味も含まれているそうです。

 

また、ブロッコリーには「幸せがたくさん詰まっている野菜」という意味もあり、受け取った方が「健康に過ごせますように」という願いも込められているそうです♪

 

何だか今日からブロッコリーを見る目が変わってきそうなくらい素敵な意味がこめられているんですね。

 

ちなみに、ブロッコリーの花言葉は「小さな幸せ」です。

 

結婚式の演出にぴったりですね!

 

ブロッコリーなのにあなどれません・・・。

 

 

ちなみに、女性と同じでブロッコリーをキャッチした男性は近々花婿になれるそうですよ。

 

なかなか盛り上がる演出で、私が出席した結婚式でも新郎側のゲストはノリノリでブロッコリーを奪い合っていました(笑)

 

見事ブロッコリーを受け取った人には、マヨネーズも一緒に添えられていましたよ。

 

「カリフラワートス」

引用:Instagram

 

「ブロッコリー」つながりで「カリフラワートス」もあります。

 

カリフラワーの白い色が結婚式とマッチするかもしれませんね♪

 

フランスのことわざで「女の子はバラから、男の子はキャベツから産まれる」という言葉があるそうなんです。

 

このことわざにちなんで、キャベツの花の進化形であるカリフラワーを投げるようになったと言われています。

 

「カリフラワートス」の準備は(ブロッコリートスも同じですが)カリフラワーを花束に見立てるようにラッピングを施して、最後にリボンをかければカリフラワーの花束の完成です。

 

100均のアイテムなんかを上手く利用しても、1000円以内で出来そうですね♪

 

低コストで手間もかからないので、盛り上がるイベントとしておすすめです。

 

ちなみにカリフラワーの花言葉は「お祭り騒ぎ」です。

 

「お祭り騒ぎ」のように、新郎側の友人たちがこぞってカリフラワーを奪い合ってくれるはずですよ。

 

結婚式で盛り上がること間違いなしですね!

 

「野菜トス」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

結婚式で野菜ブーケでブーケトスしたいとご注文いただき、大阪にあるホテルへお送りしたブーケです。 . カラフルな野菜たっぷり、キレイな雰囲気のブーケに仕上げました . . 喜んでいただけますように♡ . 野菜ブーケの商品の詳細については、プロフィール欄のリンクHPをクリックしてストアサイトをご覧の上、ご購入・お問い合わせください。 . . 野菜ブーケオンラインショップ @toyamayasai.stores プロフィール欄のリンクHPから . . #野菜好き #野菜たっぷり #野菜ブーケ #食べるブーケ #野菜ギフト #ギフト #プレゼント #贈り物 #お祝い #野菜 #ベジタブル #誕生日プレゼント #開店祝い #結婚祝 #結婚おめでとう #結婚式準備 #ウェディング準備 #結婚式前撮り #ウェディングフォト #ウェディングアイテム #ブーケトス #ブーケプルズ #両親贈答品 #富山 #大阪 #vegetable #vegetables #toyama #storesjp

ベジィデザイン 奥村真由美さん(@toyamayasai.stores)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

「ベジタブルブーケ」とも言われています。

 

パプリカやピーマン、ミニトマト、セロリなど色とりどりの野菜をブーケに見立てて包装し、男性ゲストに向かって投げます。

 

こんなに色とりどりできれいだと、野菜ってことを忘れてしまいそうなくらいカラフルなブーケになっていますね♪

 

ちなみにセロリの花言葉は「真実の愛」、トマトは「感謝」になります。

 

これから幸せになる2人にピッタリの花言葉ですね。

 

SHIHO
野菜にも花言葉ってあるんですね~!知りませんでした。

 

「ラグビーボールトス」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブーケトスならぬボールトスを制作しました 今週末、職場の後輩君の結婚式があります。アメフトをやっているので、男性陣にボールトスを行うとのこと。 ・ お友達もアメフトをやっている人が多いようで、その人達が次に結婚する際もこのボールでボールトスが出来るようあえて、名前などは明記せず。 奥様の好きなお花を聞いてもらって、油性マジックで描きました。 ・ 一回限りではなく、これからも誰かの結婚式で使っていただけるなんて作った甲斐があります #ブーケトスの代わり #ボールトス #ブーケトス #結婚式 #結婚式演出 #披露宴 #披露宴演出 #アメフト #アメフトボール #ラグビー #ラグビーボール #ボール #イラスト #手描き #手描きアート #油性マジック #卒花 #卒花嫁 #プレ花嫁 #プレ花婿 #花婿演出 #ちーむ1111 #diy女子 #diy

❤︎ ᴍᴀʀɪᴀɢᴇさん(@aya_paris_mariage)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

元ラグビー部の新郎だと「ラグビーボールトス」を行ったりする人もいるそうですよ。

 

ちなみにバスケットボールが好きな新郎だと「バスケットボールトス」、サッカー好きな新郎だとモチロン「サッカーボールトス」です(笑)

 

ただ、ボールをキャッチするのはなかなか難しく上手く取れなかったりもするそうです。

 

せっかく幸せのおすそ分けで投げたのに、キャッチしてもらえないと悲しいよね・・・。

 

なので新郎は出来るだけ人のいる所をこっそり選んで投げることをおすすめします。

 

海外での結婚式で人気!?ガータートスとは?

 

 

皆さん「ガータートス」って聞いたことありますか?

 

海外の結婚式ではすごく盛り上がるイベントとして定番の演出みたいなんです!

 

モチロン私もまったく知りませんでした。

 

女性が身に着けるガーターベルトをトスするなんて、すごく刺激的ですよね。

 

私だったら恥ずかしすぎて無理かも・・・!

 

海外のウェディングって刺激的過ぎます!!

 

「ガータートス」の由来

「ガータートス」の発祥の地はフランスになります。

 

ヨーロッパでは「花嫁が身につけているものは縁起が良い」と昔から言われているそうです。

 

花嫁はそれを手に入れようとするゲストから逃げるに自分の身につけているものを投げたことが「ガータートス」の由来と言われています。

 

「ガータートス」のやり方

View this post on Instagram

キュートなお花のガーターベルト♡花婿が花嫁の脚二次会つけられたガーターベルトを脱がせてゲストにトスをする海外で定番のガーター・トス。日本ではまだあまり馴染みのないちょっぴりセクシーなイベントですが、このようにお花でつくられた可愛くてロマンティックなガーターベルトを身につけて、友人たちが集まる結婚式二次会などで盛り上げてみるのもいいですね♩ ・ photo by @cocomelodyofficial ・ #DIAER #regram #diaer #wedding #garter #flower #weddinggarter #ガーターベルト #ガータートス #結婚式 #二次会 #結婚式二次会 #花冠 #プレ花嫁 #ウェディング

A post shared by リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~ (@resoco_editors) on

引用:Instagram

 

新婦が身に着けている左足の靴下留め「ガーターリング」を、なんと新郎がドレスの中に潜り込んで口で脱がすそうなんです。

 

キャ~!想像しただけで私が恥ずかしくなってきました(笑)

 

「あんまりに刺激的過ぎて無理」というカップルは普通に手で脱がすそうですなんですが、それでも恥ずかしいって人は、花嫁さんが自分で外してもいいみたいですよ♪

 

新婦が身につけていたガーターをラグビーボールなんかにつけて、新郎が後ろ向きでトスをするのですが、男性ゲストの争奪戦がすごいそうです!

 

見事キャッチした人は、ブロッコリートスと同様に次の花婿さんになれると言われています。

 

ちなみに、「ガータートス」で使わなかった右足のガーターは子どもが産まれた際にヘッドアクセサリーとして使用すると子供が幸せになると言われています♪

 

SHIHO
海外ではおなじみの「ガータートス」ですが、日本では馴染みが無いため「下品」「羽目を外しすぎ」など不快感を抱くゲストもいると思います。親や親戚、職場の上司など年配の方が出席する披露宴ではなく、友人が多く出席する1.5次会や2次会で出演されることをおすすめします。あまり見ないイベントなので盛り上がりそうですね~!

 

おすすめ「ガーター」をご紹介

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ウェディング用のガーターベルト。 数種類ご用意している中で、一番細いタイプ のデザインです。 結婚式で使ったガーターを生まれてきた赤ちゃんのヘアバンドに使うとベビーちゃんが幸せになれるとかこの細いタイプは赤ちゃんにももってこいです。 ウェディングアクセサリーとして、友人から花嫁さんへのプレゼントとして人気アイテムです #結婚式#ウェディング#ウェディングアルバム#ウエディングアルバム#結婚式アイテム#手作りアルバム#花嫁さん#プレ花嫁#MonoWhiteWEDDING#モノホワイト#リングピロー#アルバム作り#結婚式準備#オリジナルウェディング#婚約中#ウェディングレポート #ガーターベルト #ガータートス

モノホワイト ウエディングさん(@monowhitewedding)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

ヨーロッパに伝わるおまじない、「サムシングブルー」。

日本でも知らない花嫁さんはいませんよね♪

 

「サムシングブルー」「サムシングオールド」「サムシングニュー」「サムシングボロー」の中の1つ、「花嫁が何か青色のものを身につけると幸せになれる」というおまじないからガーターに青色を取り入れる花嫁さんもいるみたいです。

 

引用:Instagram

 

「ガーターなんてセクシーすぎて無理!」と言う花嫁さんには、レースのガーターもあります♪

 

一気にカジュアルになるので、身に着けやすいと思います♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

男性版ブーケトスのご紹介をさせて頂きましたが、本当にいろんな演出があって驚きですね!

 

ブーケトスだけで演出を迷ってしまいそうです。

 

 

いろんな演出を紹介させて頂きましたが、1つ注意です。

 

ブロッコリートスや野菜トスを行う場合は、参加者ゲストの顔ぶれを気にする必要があります。

 

ガータートスでもお伝えしましたが、親族や職場の上司など、特に年配の方の中には「食べ物を投げるなんて・・・」と食べ物を粗末に扱うことに抵抗を感じる方もいるかもしれません。

 

披露宴で行いたいと言う場合は、一度ご両親に確認をとってから演出を決めたほうが良いと思います。

 

結婚式の主催者は新郎新婦はモチロンですが、両家のご両親も主催者ですからね。

 

ご両親が恥ずかしい思いをしないよう配慮するのも親孝行の一つですよ。

 

挙式、披露宴では難しい場合は、参加者ゲストが友人中心の1.5次会や2次会ですることもおすすめです。

 

今回はちょっと一風変わったブーケをご紹介しましたが、もちろん一般的なブーケもおすすめです♪

 

ブーケはすこしの時間しか登場しませんが、そこを妥協せずに、お花の種類や色合い、そしてブーケの形も十分検討して決めることはとても大切です。意外と当日会場に参加した女性達は注目して観ています。

 

きっとブーケもこだわることができれば、自分もまわりも「あのときのブーケは最高だったね♪」といつまでも記憶に残ると思います。

 

また、結婚式が終わったら専用のケースに入れてお家の飾りにもなります。

 

「生花ブーケ」はやはり一番人気ですが、すぐ枯れてしまうというデメリットがありました。ですが、最近では、アフターブーケと言って「生花ブーケ」でも加工し、保存するカップルがとても増えてきています。一度きりの結婚式なので幸せな思い出をせっかくならいつも目にふれる場所に置いておくのもいいですよね♪

 

また、最近では保存が比較的簡単な「プリザーブドフラワーブーケ」や「造花ブーケ」もとても人気がありますね!

 

いつ見ても、私のブーケって素敵って思えるようなものになればいいですね♪

 

ただ、「生花ブーケ」、「プリザーブドフラワーブーケ」、「造花ブーケ」一体どれがいいの?とお悩みの読者様もたくさんおられるのではないかと思います。

 

こちらでは、「生花」、「プリザーブド」、「造花」のうち本当におすすめなのはどれか詳しく比しています。まだお決まりでない読者様やどれが良いか悩んでいる読者様にはとても参考になると思いますので、もし良かったら読んでみてくださいね!

 

 

生花、プリザーブドフラワー、造花 ブーケでどれが本当におすすめ?

2018年12月30日

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

 

 

ブーケ特集に戻る

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です