生花、プリザーブドフラワー、造花 ブーケでどれが本当におすすめ?

 

こんにちはSHIHOです!

 

みなさん結婚の準備は進んでいますか?

 

式場が決まり、ドレスが決まり、そして、ドレス姿をより華やかに彩ってくれるブーケ選びが待っていますね♪

 

読者様はもうどんなブーケにしたいかイメージはありますか?

 

「みんなに観て欲しいから変わったデザインに挑戦してみたい!」

 

「柔らかい感じが出るような可愛いのがいいな♡」

 

「ドレスがスタイリッシュだから洗練された感じがいい♪」

 

など色々あると思います♪

 

私も結婚式の準備をしている時はいろいろブーケについても悩みました(お花についてこんなに真剣に悩んだのは人生初めてなくらい・・)

 

でも!ウエディングブーケってなんとなくイメージできるけど、今までそんなに真剣に考えたことなかったし、実際どんな種類があるのか分かりませんよね。

 

そこで今回は、そんな読者様にブーケの選び方のコツを知って頂けたらなと思います♪

 

実は、ブーケには、花の種類だけではなく、素材選びが重要になってきます。

 

 

SHIHO
ブーケ選びに読者様が迷わないように、ブーケの素材と種類を中心に比較してみますね!

 

 

ブーケは3種類。やっぱり人気は生花!造花やプリザーブドも最近人気!

 

 

ブーケは大きく分けて、3つに分かれます。

 

ブーケの種類
  • 生花を使用したブーケ
  • 造花を使用したブーケ
  • プリザーブドフラワーを使用したブーケ

 

SHIHO
では、「生花」、「造花」、「プリザーブドフラワー」の中で、どれが一番いいのでしょう?

 

やっぱり花嫁としては手元にあるブーケで華やかさがまったく変わってくるので、そこが気になりますよね!

 

生花は、昔からウエディングブーケの代表として最も多く使用されてきました。

 

ブーケと言えば、まず生花をイメージされる読者様も多いと思います。

 

新鮮で、ほのかな甘い香りがする生花は、ウエディングブーケにはとても華やぎますよね♪昔から愛されてきた生花は今も変わらず1番人気があります。

 

でも、最近は、造花とプリザーブドフラワーもとても注目されています。

 

ただ、この造花とプリザーブドフラワーの違いって分かりにくいですよね?

 

なかなかイメージがしにくく、どちらが自分にとって相応しいのか判断が難しいなんてことも良く聞きます。

 

そこで、まずは造花とプリザーブドフラワーの徹底比較をしてみました♪

 

「造花」と「プリザーブドフラワー」どっちがいいの?

 

 

SHIHO
造花とプリザーブドフラワーは似ているようで、実は素材も扱い方も全く異なります。

 

造花

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❁.*・゚ #前撮り準備 . . 前撮りまであと3日 。 なーんにも準備してない…ということで とりあえず #100均ブーケ してみました ◎ CDが #宇宙ドレス の青なので 青系に 💐. ガサツだしセンスないけど一応 クラッチ風にしてみました 😂欲張り. . #前撮り指示書 も作りたかったけど きっと恥ずかしくて出せないだろうから(笑) イメージだけして気分で撮ってもらおう ⚑︎ . あと、実印・銀行印・認印 を注文しました ✩⃛ 届くのは3,4日後かな?入籍後に色々必要に なりそうなので早めに *⋆✈︎. . #2018婚 #2018秋婚 #ちーむ1027 #婚約 #婚約中 #結婚 #結婚式 #花嫁 #プレ花嫁 #披露宴 #結婚式準備 #秋婚 #宮崎婚 #九州婚 #宮崎花嫁 #宮崎プレ花嫁 #ブライダルフェア #花嫁DIY #結婚式DIY #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #marry花嫁 #marry花嫁図鑑 #ダイソーブーケ #ハンコヤストア

Ruuuさん(@r___wd1027)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

造花とは、本物の花に似せて作られた人工花のことです。

 

本物はすぐに枯れてしまいますが、造花はいつまでもその状態を保つことができるので、そこが人気の秘訣です。

 

造花の種類として代表的なものは、2つあります。

 

  • 香港フラワー  : ビニールで模造した造花。一見して安っぽいものが特徴
  • シルクフラワー : 絹ではなくポリエステルを主な素材としている。

 

 

ビニールの香港フラワーよりポリエステルの方が見栄えが良いので、私の個人的な意見としてはシルクフラワーをおススメします。

 

 

SHIHO
でも、さらにおすすめしたいものがあります! 

 

それは、同じ造花の中でも、クオリティの高いアーティシャルフラワー!

 

最近とてもこの種類が注目されているんです。

 

アーティシャルフラワー(アートフラワー)とは、最も生花をリアルに再現した造花のことで、香港フラワーやシルクフラワーとは全くクオリティの次元が違います!

 

しかも耐久性にも芸術性にも優れるため、「造花の究極の形」と言われているんです。

 

 

アーティシャルフラワー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ウエディングブーケを作りに#eastsidetokyo さんに💓イングリッシュローズとダリア中心に大好きなお花盛りだくさん。 . 可愛くておしゃれで、関西にもこんなお店があればいいのに(あるのかな)😭😭 . 生花は持って帰れずアフターブーケもしないので手作りしました☺️ブーケはすぐに加工してくださって、ヘア用のお花も沢山購入して💴17000くらいで大満足でした🙌ウエディングとジェルソミ併用予定。 #eastsidetokyo #ウエディングブーケ #手作りブーケ #アーティシャルフラワーブーケ #ミラコスタftw #ミラコスタ結婚式 #ディズニー結婚式 #ディズニーftw #プレ花嫁

びわこさん(@biwa_ftw)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

年々進化し、注目されつつあるアーティシャルフラワー。

 

造花は枯れないし、さらにクオリティーも高いとなると、とても魅力的ですよね♪

 

 

SHIHO

では、この造花ブーケ。

気になる価格帯はどれくらいなのでしょうか?

 

 

☬ 造花ブーケの価格帯  

3,000円 ~ 35,000円

 

 

価格帯に開きがありますが、どんな素材の造花を選ぶかによって変わってきます。

 

造花の中でもクオリティの高いアーティシャルフラワーはやはりランクが高くなります。

 

その分、高級感が出てくるんですね。

 

またずっと綺麗なままの状態で保管できるので、長い目でみれば決して高くないのかもしれません。

 

では、そんな造花のメリットとデメリットをまとめてみました。後からご紹介するプリザーブドフラワーと比較して下さいね。

 

造花ブーケのメリット

○変色や萎れたり、枯れる心配がない。

○海外へ持ち込むことができる。

○取り扱いが簡単でそのまま保存できる。

○比較的価格を抑えることができる。

 

造花ブーケのデメリット

○近くで見るとどんなに精巧でも造花と分かってしまう。

○比較的低価格だけど低品質のものがあるので注意が必要。

 

プリザーブドフラワー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

作品ラウンドブーケ #プリザードブーケ#プリザードフラワー#ラウンドブーケ#上手になりたい#センス欲しい#写真センスもほしい

Yuki Takeuchiさん(@takeuchi2550)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

普段、あまり耳にされない方もいらっしゃると思います。

 

元々は、生花を加工して作られているプリザーブドフラワーですが、生花や葉を特殊な液の中に沈めて水分を抜いた素材のことを言います。

 

生花を新鮮な特殊液に最初に沈め、そこから花を取り出し乾燥させます。

 

この技法はフランスが発祥と言われており、1991年から受け継がれる歴史のある保存方法なんです。

 

保存の環境にも寄りますが、長期的に形を維持でき、生きた草花と比べても遜色のない質感と柔らかさを兼ね備えたものとして、長年親しまれています。

 

ただ、加工しているので、どうしても価格は高くなります。

 

また、乾燥させ水分を完全に飛ばしているので、破損しやすく、湿気に弱いです。

 

SHIHO

紫外線に当たると少しずつ退色するので直射日光は厳禁です。

生きた植物と変わらない質感と柔らかさがある分、繊細なんですね。

そんなプリザーブドフラワーの価格帯はどれくらいなのでしょうか。

 

 

☬ プリザーブドフラワーブーケの価格帯  

10,000円 ~ 50,000円

 

 

選ぶブーケの形や大きさによっても価格は異なってくるようです。

 

ではプリザーブドフラワーのメリットとデメリットを詳しく調べてみました。

 

 

プリザーブドフラワーブーケのメリット

○元は、生花なのでリアルで色も鮮やか。

○ラメやマット加工などプリザードならではの演出もできる。

○その花の種類にはない色(自然界には存在しない色)で着色することも可能。

○花びらひとつひとつにグラデーションをかけたナチュラルなものもできる。

 

 

プリザードフラワーブーケのデメリット

○海外挙式の場合、持ち込める国とNGの国がある。事前に調べる必要がある。

○変色やヒビが入りやすいので取り扱いに注意が必要。

○造花よりも比較的コストが高い。

 

造花とプリザーブドフラワーを比較すると、海外挙式を行う国を問わず、持ち込むことができる造花は安心ですよね。

 

また、取り扱いに注意が必要なプリザーブドフラワーは、やっぱり気を使ってしまいます。

 

  造花 プリザーブドフラワー
メリット

○変色や萎れたり、枯れる心配がない。

○海外へ持ち込むことができる。

○取り扱いが簡単でそのまま保存できる。

○比較的価格を抑えることができる。

○元は、生花なのでリアルで色も鮮やか。

○ラメやマット加工などプリザードならではの演出もできる。

○その花の種類にはない色(自然界には存在しない色)で着色することも可能。

○花びらひとつひとつにグラデーションをかけたナチュラルなものもできる。

デメリット

○近くで見るとどんなに精巧でも造花と分かってしまう。

○比較的低価格だけど低品質のものがあるので注意が必要。

○海外挙式の場合、持ち込める国とNGの国がある。事前に調べる必要がある。

○変色やヒビが入りやすいので取り扱いに注意が必要。

○造花よりも比較的コストが高い。

評価

 

 

日々忙しく、当日までコンディションを整えたい新婦にとって、ストレスにならない造花ブーケはやはりプリザーブドフラワーブーケに比べておすすめです♪

 

 

SHIHO

私は海外挙式だったので、海外に持ち込むことができ保管も簡単な造花ブーケを購入しました。

体調やお肌のコンディションも整えたい海外挙式には、ノンストレスの造花ブーケは強い味方。

野外でのフォトツアーでも、南国の湿度や太陽にも負けないので、造花ブーケにして本当に良かったと思います。

 

 

造花は綺麗なだけでなく、利便性に優れているんですよね。

 

やはりプリザーブドフラワーと比べて造花の方がメリットは大きいように感じます。

 

 

海外挙式に憧れていた私にとっては造花にして本当良かったですし、読者様も海外でする予定でしたらぜひ造花をおすすめします!

 

 

でも、もし私が国内で挙式や披露宴を挙げていたら!?

 

 

その場合は、私は生花を選んでいたと思います。

 

そして、もし読者様が国内で挙式、または国内で披露宴を予定されているなら・・・。私は生花のブーケをおすすめします!!

 

 

読者様
どうして生花ブーケがおすすめなの?

 

 

SHIHO
生花にはブライダルブーケだからこその魅力があるんです!これからご紹介しますね。

 

 

では、「生花」と「造花」について比較してみますね♪

 

 

「造花」より「生花」をおすすめする理由とは

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【#前撮り @アニ】 これもお気に入りの写真✨ ちょっと贅沢して前撮りブーケも生花にしてもらいました💕 .. #フローリスト咲 さんの 5万円のセットから両親贈答用花束のかわりに作ってもらいました💕 #おまかせブーケ #ティアドロップ 型のブーケで色味の指定ができます✨ 1万せずにこのボリュームとクオリティ✨✨ そして後ろに映る#ルーベンス のビジューが可愛すぎる…😭✨ ルーベンス好きすぎて…💓 .. 100まであと5つ? も少し連続投稿させてください💦 お式準備よりこっちに焦るって… .. #わんわんwedding #わんわんweddingレポ #アニヴェルセル東京ベイ #イギリス館 #アニスタグラム #結婚式準備 #アニヴェルセルアンバサダー #marry花嫁 #marry #marryxoxo #farny #farny花嫁 #farny_brides #ハナコレレポ #ウエコレ #dressy花嫁 #プラコレ #ウェディングニュースブライズレポーター #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #全国のアニ嫁さんと繋がりたい #ちーむ1209 #2017冬婚 #ブーケ #前撮りブーケ #生花ブーケ

erika🐶卒花さん(@eri_wd1209)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

国内での結婚式を予定されている読者様には、ぜひ、生花のブーケをおすすめしたいですね♪

 

生花は挙式当日だけ、もしくは2〜3日しか持たない、お手軽さや利便性だけに着目すると、生花ってデメリットの方が大きいのではと思われる読者様もいるかもしれません。

 

でも、やはり生花ならではの魅力がブーケに溢れています。

 

そこで、ここからはブーケをどうしようかと決めかねている読者様に対して、生花の魅力に迫っていきますね♪

 

生花の魅力は、何と言っても、みずみずしさ、ほのかな甘い香り、自然な質感があります。

 

花びらひとつひとつが可憐で、ナチュラルな色合いやグラデーションは艶やかで美しく、造花やプリザーブドとは比べ物にならないくらいにその存在感は圧倒し、自然の造形美に溢れています。

 

命あるものだからこその繊細さと贅沢感。

 

その時にしかないかけがえのないもの。それが「生花」の魅力です♪

 

それゆえに、一生に一度の結婚式だからこそ、私は生花こそ最高の花嫁を演出するブーケではないかと思うのです。

 

 

 

また、生花には魔除けの意味も込められていて、昔から花嫁のブーケやフラワーシャワーには生花が使われてきました。とても縁起が良いのです。そういうゲン担ぎも結婚式はとても重要ですね♪

 

国内で結婚式を挙げるカップルの70%の方が生花ブーケを選んでいます。

 

そんな生花のメリットを改めてまとめてみました♪

 

生花ブーケのメリット

○生花は生きた花。その華やかさやみずみずしさには、贅沢感と特別感がある。

○生きた花の生命力と自然な質感や香り、艶やかな美しさは花嫁と重なる

○挙式を行う時期に咲く、旬の花を取り入れることで季節感も演出できる。

 

季節の花を取り込んだ生花ブーケは、より印象深いものとなりますね♪

 

そんな、みずみずしい生花のブーケにも、もちろんデメリットはあります。

 

それはやはり日持ちしないこと、萎れたり枯れたりしてしまうことなんです。

 

生きている自然界の花だからこそなんですね。

 

そんな生花ブーケの価格帯を調べてみました。

 

 

☬ 生花ブーケの価格帯  

10,000円 ~ 60,000円

(使用する花の種類やブーケの大きさ、デザインによって価格は異なります。)

 

 

以上、「造花」、「生花」を比べた結果はこちらになります。

 

  造花 生花
メリット

変色や萎れたり、枯れる心配がない

海外へ持ち込むことができる。

○取り扱いが簡単でそのまま保存できる。

○比較的価格を抑えることができる。

○生花は生きた花。その華やかさやみずみずしさには、贅沢感と特別感がある。

○生きた花の生命力と自然な質感や香り、艶やかな美しさは花嫁と重なる

○挙式を行う時期に咲く、旬の花を取り入れることで季節感も演出できる。

 

デメリット

○近くで見るとどんなに精巧でも造花と分かってしまう。

比較的低価格だけど低品質のものがあるので注意が必要。

日持ちしない

〇萎れたり枯れたりしてしまう

評価

 

 

こうしてみると、お互いにメリットがそれぞれ違うので、逆に読者様の挙式の条件によって選択しやすいかもしれません。

 

 

SHIHO
次に、私が一番おすすめする「生花」ブーケを選ぶポイントをまとめてみました。

 

 

 

花嫁に一番相応しい「生花」ブーケ。選ぶポイントは?

 

引用:Instagram

 

 

選ぶポイント

○自分のなりたいイメージに合ったものを選ぶ。

○自分のドレスに合うものを選ぶ。

○花の種類やカラーなど挙式のテーマに合ったものを選ぶ。

 

生花ブーケといってもイメージは色々ありますので、やっぱりこの部分を明確にすることがポイントになりますよね。

 

読者様のイメージに合うブーケを見つけてもらえたらいいなと思います。

 

後半も生花ブーケの写真がたくさんありますので、参考にしてくださいね♪

 

 

SHIHO
ここからは、生花ブーケを準備する場合はどこに依頼すればいいのか説明しますね!

 

 

 

生花ブーケはどこに依頼すればいいの?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. おはようございます 生花のブーケは みずみずしい特別な感動があります . . #eriflowersbouquet から 今までお作りした様々な 色や形のブーケをご覧いただけます . . 大阪から直接お届けの可能な地域は 生花のブーケをお承りできます ドライやシルクフラワーのブーケは 全国発送が可能です 会場装花や、受付のデコレーションなども承ります ご依頼は、DMや店舗へお気軽にご相談くださいませ . . . ✳︎ アトリエは完全予約制です ✳︎ アトリエでのアイテムのご見学、 お打ち合わせなどをご希望のお客様は 必ず事前にDMか店舗お電話まで 日程をご予約いただけますと幸いです 日・祝は定休日となります 年末年始 12/30-1/9はクローズしておりますので なにとぞご容赦くださいませ . . . ✳︎ お届けの目安 (1/6現在) ✳︎ ただいますべてのオーダーメイドアイテムは 2018/2/15お届け分よりご注文の受付を承っております *年始から混雑が予想されますので お日取りがお決まりの方は お早めにお問い合わせ頂けますと幸いです おひとつずつ手作業でお作りするため 各アイテム定数に達し次第 受付を終了させていただきます あらかじめご了承くださいませ . . . #onefinedaywdg #eriflowers #weddingbouquet #bouquet #weddingflorist #weddingasia #weddingflowers #bohobride #bohowedding #ウェルカムボード #ブーケ #プレ花嫁 #ウェディングフォト #フォトウェディング #ウェディングブーケ #前撮り #後撮り #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #花のある暮らし #結婚式準備 #2017冬婚 #2018春婚 #2018夏婚 #アウトドアウェディング #ガーデンウェディング #ライラック #クラッチブーケ #生花ブーケ

One Fine Dayさん(@onefinedaywedding)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

自分のイメージに合ったブーケを準備したい!実際にどんなところに依頼すればいいの?難しいですよね。こちらでまとめてみました。

 

生花ブーケを準備する際には、大きく分けて3つの方法があります。

 

それぞれの詳しい内容や注意点などもありますので必見ですよ♪

 

結婚式場で依頼する

多くの結婚式場では、ブーケ代としての基本料金があります。

 

自分のイメージや花の種類、ブーケのデザインなどによっては、アップグレードをされる方もいらっしゃいます。

 

アップグレードは追加料金が発生することもあるので、事前に式場に確認して下さいね。

 

式場の担当プランナーの方は、挙式予定であるチャペルや会場の雰囲気も熟知されており、また新婦様のご意向もご存知だと思いますので、相談しやすいというメリットもあります。

 

SHIHO
結婚式場と契約している生花店は、ウェディングブーケの知識や経験が豊富です♪

 

 

外部の生花店で依頼する

自分のイメージするブーケを作ってくれる生花店や、センスのいい生花店でブーケを作りたい、とういうこともありますよね。

 

そんな時には、ブーケの持ち込みが可能かどうか、事前に式場へ確認しておくことをおすすめします。

 

また外部の生花店で依頼する際には、ウエディングブーケを得意とする生花店や、ウエディングブーケ専門の生花店などもありますので参考にしてみて下さいね。

 

打ち合わせ回数を多くとってくれる生花店や、当日は式場まで配達してくれる生花店もあり、そのような生花店なら安心ですよね。

 

 

また、契約農家や市場などを確保している生花店では、薔薇という花の種類だけでも、たくさんの品種を確保しているので、珍しい品種や、様々な品種をバラエティー豊かにミックスしてくれますよ♪

 

SHIHO
せっかくの生花ブーケですので、自分の気に入るセンスのいい生花店に依頼するのも素敵ですよね!

 

手作り

手作り生花ブーケは、イメージ通りに作れることができますが、生花を1日中キレイに保つためには、できれば、ウエディングブーケ教室を体験されることをおすすめします。

 

型崩れしにくいテクニックや、アレンジメントなど体験でき、より納得できる素敵な生花ブーケに仕上がると思いますよ。

 

SHIHO
手作りブーケの場合も式場に当日持ち込めるのかどうか、事前に必ず確認しておきましょう!

 

 

「生花」ブーケの中でも定番人気の花の種類は

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

軽井沢まで、 宅急便でのブーケでした。 フランネルフラワー大好き。きゅん。 : 生花のブーケを遠方までお送りする場合、ある程度のリスクが最低限、発生するので、 どうしても一会にお願いしたい、と言うありがたい場合にのみお受けしています。 : 青森から沖縄まで、これまで20回位は送ったかな。 : 試行錯誤を繰り返し、 「箱を45度まで傾けても生花のブーケがびくともしない」というのが一会ルールです。 #「THE梱包!」という本を書けるかも#誰が読むんだよ : #軽井沢#生花 #生花ブーケ#クラッチブーケ#フランネルフラワー#ブルー#デルフィニウム #昨日のポストは気の迷い#しれっと消してしまえ#ブーケ #一会#ウェディングブーケ#プレ花嫁#日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #東京花嫁 #2018夏婚 #2018秋婚 #2018冬婚#全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #大人婚#軽井沢ウエディング #軽井沢挙式 #bouquet_ichie#bouquetichie

一会 ichieさん(@bouquet_ichie)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

国内で挙式披露宴を挙げられる方の約7割の方が選ばれるという人気の生花ブーケですが、その中でも、昔から変わらず不動の人気を誇る花があります。

 

定番と言われるその花々は美しさだけでなく、通年通して供給されるという安定性もあるんですね。

 

どの時期でも比較的安定して供給される人気の定番の花、それは、薔薇、ガーベラ、かすみ草 です。

 

 

どの季節でも、ブーケでは大人気の花で、年中綺麗なのでやっぱり花嫁としては安心できますよね♪

 

☬ 薔薇

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#ブーケ💐 photo by @mintflowers #PinkyWedding では《あなたの大切な#ブーケ 》を募集中💗 #ピンキーウェディング のタグを付けて投稿するとこちらのアカウントで紹介されるかも👰 #プレ花嫁#プレ花嫁さんと繋がりたい#生花ブーケ#生花ブーケ探し中#ブーケ作り#ブーケトスの代わり#ブーケトス#ブーケセレモニー#ブーケdiy#ブーケ迷子#ブーケプルズ#ブーケ手作り#挙式ブーケ#お色直しブーケ#前撮りブーケ#クラッチブーケ#籠ブーケ#カゴブーケ#ピンクブーケ#レッドブーケ#赤ブーケ#ラウンドブーケ#プレ花嫁初心者#プレ花嫁あるある

Pinky Weddingさん(@pinky_wedding)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#pousse #flowers #fleur #floral #プーゼ #kyoto #wedding #bouquet #weddingbouquet #happy

浦沢美奈さん(@urasawamina)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

☬ ガーベラ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#テーブルに花を飾ると幸せが集まってくる #プーゼ#fleur #wreath #flower #kyoto #underthefloralspell #floral #ガーベラ

浦沢美奈さん(@urasawamina)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

☬ かすみ草

引用:Instagram

 

どれも瑞々しくて鮮やかで綺麗ですね♪ウエディングには不動の人気なのも分かります。

 

また、定番の花を中心に、いろんな種類の花をミックスするのも素敵です。

 

SHIHO
そこで次は、ウエディングブーケに最適な、季節ごとの花もご紹介します♪

 

 

挙式の時期に咲く花で限定ブーケに。季節ごとの人気のお花 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. ✳︎ Bouquet ✳︎ flower design by @eri_flowers_love 春夏にぴったりのフレッシュなイエロー 生花のブーケです . . . . 大阪から直接お届けの可能な地域は 生花のブーケをお承りできます ドライやシルクフラワーのブーケは 全国発送が可能です 会場装花や、受付のデコレーションなども承ります ご依頼は、DMや店舗へお気軽にご相談くださいませ . . #eriflowersbouquet から 今までお作りした様々な 色や形のブーケをご覧いただけます . . ✳︎ アトリエは完全予約制です ✳︎ アトリエでのアイテムのご見学、 お打ち合わせなどをご希望のお客様は 必ず事前にDMか店舗お電話まで 日程をご予約いただけますと幸いです 日・祝は定休日となります . . . ✳︎ お届けの目安 (1/27現在) ✳︎ ただいますべてのオーダーメイドアイテムは 2018/3/25お届け分よりご注文の受付を承っております . . . #onefinedaywdg #eriflowers #weddingbouquet #bouquet #weddingflorist #weddingasia #weddingflowers #bohobride #bohowedding #ウェルカムボード #ブーケ #プレ花嫁 #ウェディングフォト #フォトウェディング #ウェディングブーケ #前撮り #後撮り #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #花のある暮らし #結婚式準備 #2017冬婚 #2018春婚 #2018夏婚 #アウトドアウェディング #ガーデンウェディング #ラウンドブーケ #クラッチブーケ #生花ブーケ

One Fine Dayさん(@onefinedaywedding)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

旬の花はその時期だけの限定ですよね。

 

そんな花をウエディングブーケに取り入れるのも人気なんですよ。

 

ブーケに取り入れて贅沢な特別感を出すのも素敵な演出になると思います。

 

SHIHO
春夏秋冬それぞれの人気の花をご紹介しますね♪

 

 

春に人気の花

シャクヤク、ラナンキュラス、チューリップ、すずらん

 

☬ シャクヤク

引用:Instagram

 

☬ ラナンキュラス

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. ブーケ💋 . 春婚だったので挙式用は春のお花《ラナンキュラス》だけでクラッチブーケを作って頂きました♥️ . お色直しでは『こんな感じので〜』『実を入れて〜』などかなり分かりにくいオーダーだったのにも関わらず理想以上に素敵なブーケを作って頂きました♥️ . 2つともボリューミーで本当豪華っ❣️✨ . ゆみたんありがとう😭💓 . 花松/武蔵小山 . . . #結婚式 #卒花嫁 #卒花 #結婚式レポ #ブーケ #ゆみちゃん #お花屋さん #花松 #理想通り #理想以上 #ありがとう #ラナンキュラス #ラナンキュラス好き #ラナンキュラスブーケ #春のブーケ #2017春婚 #春婚 #アニヴェルセル #アニヴェルセルヒルズ横浜 #花 #flower #wedding #ウェデングドレス #ネイビーメリナ #花束 #ウエディングニュース #💐 #🌹

Meriさん(@meri19n)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

☬ チューリップ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日の花嫁さま🌷 ・ 春限定🌷 #チューリップブーケ ・ 季節によって ブーケが楽しめますね⋆*❁* ・ #hairstyle#wedding#marry花嫁#weddingdress#bridal #美容師#栃木#宇都宮 ・ #ウエディングドレス#カラードレス#花嫁ヘア #プレ花嫁 #リアル花嫁さま#ウェディングレポ #2018冬婚 #2018春婚#結婚式 #結婚式準備 #新郎新婦 #結婚式ヘアセット #ナチュラルウェディング #ヘアセット #ブライダルヘア #プラコレ #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい#日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい#モアフィールウェディング#卒花嫁#ガーデンウェディング

sentimentʚ ɞさん(@kmk_ogr56)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

☬ すずらん

引用:Instagram

 

夏に人気の花

ひまわり、あじさい、ブルースター、カラー

 

☬ ひまわり

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#SA結婚式レポ 4 #ブーケ #ブートニア #ひまわり #ひまわりブーケ . カラードレスのブーケレポをしたので、ウェディングドレスのブーケも😊 . 私が好きなお花トップ2を争う、ひまわり!!夏って感じだしね🌻せっかく夏婚なのでどこかでひまわりを使いたくて、ブーケにしました😊 . #ダーズンフラワーセレモニー で、新郎が入場後、ゲストから花を集めてブーケを作ってくれました💐そしてそれを渡してくれ、お礼に1本の花をブートニアにして新郎の胸ポケットに…♡ . . . 挙式時は花を集めたブーケ、披露宴時には緑をたしてアレンジをしてもらっています♫ . . . 白のドレスとタキシード、青い空、緑の葉っぱたち、そして濃い黄色のひまわりが合う〜!!! . あ、今回の写真たちには青い空うつってなかった😍脳内で青い空をたしてください😍 . . . ブーケとブートニアはアフターブーケにしたんだけど、今は写真が無いのでレポはまた後日(^^) . . . #ダーズンフラワー #ウェディングドレス #タキシード #結婚式 #結婚式レポ #kotowa奈良公園premiumview #卒花 #卒花嫁 #ちーむ0825 #2018夏婚 #marry #marry花嫁 #marryxoxo #ウェディングニュース #bridyレポ #farny_brides #farnyレポ #Dressy花嫁 #プラコレ #ハナコレストーリー #ハナコレ結婚式レポ #alolea #みんなのウェディング #ゼクシィ2018

Ayumi_wdさん(@ayumi_wd)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

☬ あじさい

引用:Instagram

 

☬ ブルースター

引用:Instagram

 

☬ カラー

引用:Instagram

 

秋に人気の花

ピンポンマム、ダリア、コスモス

 

☬ ピンポンマム

引用:Instagram

 

☬ ダリア

引用:Instagram

 

☬ コスモス

引用:Instagram

 

冬に人気の花

ポインセチア、ラナンキュラス

 

☬ ポインセチア

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

* * 2018/12/8 ウェディング記録✍ 結婚式が12月ということで テーマをクリスマス🎄🎁 カラーコンセプトを赤・緑・白🎨 と最初のころに決めてました✨ * クリスマス感を出していこうってことで ブーケにもポインセチアを使ってもらいました❣️ すごく可愛いブーケになって お気に入りです🥰🥰🥰 * 1枚目は前撮りの時の! 前撮りが10月だったため ポインセチアだけ造花です💦 2枚目が当日の☺️ ポインセチアが思ったより大きくなりましたが 赤色がはえてとてもよかったです🥰 * #結婚式 #ウェディング #ウェディングブーケ #ブーケ #クリスマスウェディング #ちーむ1208 #卒花 #卒花嫁 #卒花しました #クリスマス #2018年冬婚 #ポインセチア #バラ #生花 #生花ブーケ #超お気に入り

kameさん(@mxs1208)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

☬ ラナンキュラス

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【まだ間にあう春のウェディングブーケ3選】 こちらは、ラナンキュラス&アジサイのクラッチスタイル。モコモコ感が愛嬌たっぷり生花のブーケです。 チューリップと同じくラナンキュラスも旬は3月いっぱいですので、3月挙式の花嫁さんにはオススメの花材です。ラナンキュラスはとっても人気があります。 #ウェディングブーケ#ブライダルブーケ#クラッチブーケ#ラナンキュラスブーケ#プレ花嫁#花嫁#結婚式レポ#ウェディングレポ#ウェディング#ブライダル#結婚式準備#まだ間にあう春のウェディングブーケ3選#生花のブーケ#weddingbouquet#造花ブーケ通販

【 劇的花屋Wedding 】さん(@dramatic_wedding)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

色とりどりで、季節感たっぷり。

 

定番人気の花とミックスしたりなど、うっとりしてしまいます。

 

新鮮な生花だからこそ圧倒的な存在感を放ち、魅力溢れるウエディングブーケはやはり一番おすすめです♪

 

まとめ

 

「造花」、「プリザーブドフラワー」、そして「生花」。

 

もちろん、それぞれのブーケにはそれぞれの良さがあります。

 

ですが、私はぜひ「生花ブーケ」をおすすめしたいです。

 

特に、花は本来、命あるはかないもの。だからこそ、生花ブーケこそ生命力に溢れ、みずみずしさと可憐さは「造花ブーケ」や「プリザーブドフラワーブーケ」を圧倒します。

 

なので、私はぜひ読者様には綺麗なウェディングドレスとともに「生花ブーケ」を式当日は持ってもらいたいですね♪

絶対に後悔しないと思いますよ!

 

ただ、「生花ブーケ」はやっぱり挙式後は萎れたり、枯れたりしてしまいます。

 

そこだけはどうしても生花のデメリットだと思います。

 

挙式をドレスとともに彩ってくれた「生花ブーケ」は、一生に一度、花嫁にしか持つことができないものですが、挙式の最高の時間をドレスとともに奏でてくれたブーケをその時限りで終わらせてしまうのはやっぱりもったいないですよね!

 

「生花ブーケ」をずっと部屋に飾ることができたら、ブーケを見て挙式の時間を思い出したり、きっと、これからの新しい生活も彩ってくれるに違いありません。

 

こだわり、気に入った「生花ブーケ」を、これからもずっと取っておけたら、とても素敵だと思いませんか?

 

 

SHIHO
実は、そんな生花のブーケのこれまでの弱点をカバーしてくれる新しいサービスがあるんです!

 

それは「アフターブーケ」と言われるもので、今すごく人気なんです♪

 

「生花ブーケは魅力的だけど、その場限りで終わらせるのはちょっともったいないかな・・」と思って躊躇していた読者様には朗報ですね!

 

「アフターブーケ」は、たとえばガラスケースに入れたり、押し花やキャンドルなど、いろんな加工があります(最後に詳しく紹介しています)

 

生花だからこそできる加工で、それが永遠に残しておけるんです。

 

あの時の想い出を部屋の片隅にいつも飾っておけば、新婚生活でもふと見た時に気持ちが和みますよね。

 

ブーケ選びに悩んでいた花嫁にとって、これまでの「生花」ブーケのデメリットを全部解決できるのはすごく決めてになるのではと思います。

 

SHIHO
「生花ブーケ」がやっぱりいいな♪と思われた読者様はとても参考になると思いますので、ぜひ確認してみてくださいね♪ 

 

【アフターブーケ】xing-flower(シンフラワー)の魅力と口コミ評判は?

2018年11月2日

 

 

↓アフターブーケの【シンフラワー】 はこちらからどうぞ↓

 

 

読者様のイメージに合う魅力溢れるブーケになることを願っています。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です