結婚式の受付の服装って?マナーも守りながらオシャレも楽しみたい!

 

 

こんにちは。

 

先日友人の結婚式に招待され、幸せな時間をおすそ分けされてきました。

 

本当に、結婚式っていいですよね~!

 

思い出すだけで幸せな気分になります。

 

自分の結婚式も思い出したりして(うふふ)

 

でも、そんな幸せの時間の中で一つ気になったことがあったんです。

 

なんと、招待客の中の一人にミニスカートのワンピースを着ていた女性がいたんです。

 

ミニスカートだけでも少しビックリしたのですが、もっと驚いたのは胸元もすごく空いていて何だか目のやり場に困ってしまいました。

 

花嫁さんのステキな姿だけ思い出に残しておきたかったんですが、その方の記憶も鮮明に残ってしまいました。

 

すごく良い結婚式だったので、ちょっと残念な気持ちで帰ってきてしまいました。

 

そんなある日、なんと私の親友が結婚することになったんです!

 

相手の方とは長くお付き合いされているので「今か!今か!?」と心待ちにしていたのですが(笑)ついに!

 

そしてあろうことか、受付係を任命されてしまったんです!

 

嬉しい反面少し不安も感じました。

 

以前行った結婚式のミニスカートを着た女性を思い出したからです。

 

人一人の服装で結婚式のイメージって変わるんだなと気が付いたので、何だか「結婚式の両家の顔」とも言われている受付係の責任感をすごく感じました。

 

なので、結婚式の受付の服装について調べてみました。

 

マナーある服装ってどんな感じだろう?

 

でもあんまりにガチガチだと面白くないので、やっぱりマナーも気にしつつオシャレも楽しみたいですよね!

 

そんな気持ちで調べてみたので、よかったら見て下さいね。

 

結婚式の服装って毎回女子の悩みのタネですもんね・・・。

 

参考にしていただけるとすごく嬉しいです。

 

意外にオシャレ!?結婚式の男性の服装

 

では、結婚式の服装について男女別に調べました。

 

まずは男性から・・・。

 

「男性ってスーツだけじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思うのですが、なかなかおしゃれなんですよ~。

 

【男性編】 服装

 

基本はスーツを着用します。

 

色は黒が一般的ですが、グレーやネイビーでも大丈夫です。

 

柄はチェックやストライプなどは避け無地が望ましいです。

 

【男性編】 シャツ

 

「白」か「サックスブルー(淡い青)」が基本。

 

最近では淡いパステルカラーや、柄物でも薄いものであればOKみたいですよ(派手なものはNG)

 

ちなみに夏でも半袖はNGです。

 

必ず長袖をご着用下さい。

 

アイロンもモチロン必須です。

 

上着を脱いだらしわが・・・なんて男前が台無しですよ。

 

【男性編】 ネクタイ

 

「白」または「シルバー」など光沢のあるものが無難です。

 

「黒」は弔事の色なので柄があるものでも絶対にNGです。

 

他の色を選ぶ場合は、派手な色柄物は避け落ち着いた色やパステルカラーのものをつけます。

 

最近よくある友人のみのカジュアルな結婚パーティーでは、ネクタイは無しでも大丈夫とされていますが、念のため持って行っておくのをおすすめします。

 

【男性編】 くつ

 

ひも付きの革靴が一般的です。

 

男性のスーツに合わせて履く靴は以下の2種類あります。

 

 「ストレートチップ」  つま先に一文字ラインが入っている靴。

             冠婚葬祭で使用出来る男性の最もフォーマルなものです。

 「プレーントウ」    つま先の装飾が無い靴です。

 

黒が一番無難ですが、最近では茶色も履いておられる方けっこういらっしゃいます。

 

茶色の場合は暗めのダークブラウンをおすすめします。

 

ちゃんとピカピカに磨いておいてくださいね。

 

靴を綺麗にはける人はオシャレな人なんですよ♪

 

靴はスニーカーやサンダル、ブーツはカジュアルなのでNGです。

 

靴下も基本は黒色で、白色や柄物、くるぶしのものはカジュアルなので避けて下さい。

 

見えないと思って油断していると、椅子に座った瞬間・・・意外に靴下って見えるんです。

 

【男性編】 ポケットチーフ

引用:Instagram

 

「白色、無地」が基本。

 

ネクタイをカラーにするとポケットチーフと合わせる方もいるようです。

 

シルバーやグレー、パステルカラーもおしゃれですよね。

 

【男性編】 バック

View this post on Instagram

. メンズ用バッグ・小物を販売している「紳士の持ち物」です。 . 職人の町、東京都墨田区の向島にてかばん作りを営む「WOLF&DOG」のクラッチバッグ。 素材には、一般的な革なめしの5倍以上の時間をかけて野性味と色気を引き出した馬革を使用。 繊維の深部までなめし剤が染み込んでいるので、非常にしなやかな革質と深いエイジングを味わうことができます。 長財布やスマートフォンはもちろん、A4ノートも収納できる十分なサイズ感。大人の気品と野性味を宿した男らしいクラッチバッグです。 . ※詳細はプロフィールURLよりご覧ください→@shinshimono_photo . #クラッチバッグ #WOLF&DOG #セカンドバッグ #革 #本革 #レザー #leather #通勤バッグ #通勤鞄 #お洒落 #オシャレ #紳士の持ち物 #メンズコーデ #メンズファッション #ファッション #メンズバッグ #鞄 #バッグ #格好いい #プレゼント #ilovebags #mensbag #bagshop #bagseller #bagaddict #mensstyle #mensfashion #menswear #craftsmanship

A post shared by shinshimono_photo (@shinshimono_photo) on

引用:Instagram

 

男性は持たないのが基本ですが、荷物が多い場合は、最小限自分のポケットに入れて、後はクロークに預けましょう。最近では男性用のクラッチバックなんかもあるそうですよ。

 

【男性編】 ヘアスタイル

 

ワックスなどできれいに整えて清潔感を演出してください。

 

ワックスまでは・・・と言う方は清潔感必須ですのでお忘れなく!

 

モチロンひげも剃ってくださいね。

 

 

実は、以前旦那さんが結婚式に招待される機会があったので、この調べたことを参考にコーディネートしてみたんです。

 

そうしたら、旦那さんの好みではなかったみたいで結婚式に行く朝から大ゲンカになってしまったんです。

 

結局ケンカしているうちに時間が無くなってしまったので、しぶしぶそのまま行った旦那さん。

 

でも、なんと・・・。

 

偶然隣に座った女性に「オシャレですね」と褒められたそうなんです。

(たぶん綺麗な人だったんだと思います。顔を見れば一目瞭然です)

 

上機嫌で帰ってきました。

(ひょっとしたら、鼻の下ものびてたかも・・・)

 

お礼にと言って、お花を持って帰ってきて(それって結婚式で使ってたやつじゃん!)引き出物の「カタログギフト」を好きなものを頼んでいい、って言われました。

 

ちょっと上手く丸め込まれた気もするのですが(笑)

 

旦那さんが喜んでくれたのなら良しとします。

 

引用:Instagram

 

さりげないおしゃれって素敵ですよね♪

 

「出来る男」って気がします。

 

男性の服装も奥が深いですね~。

 

守るべき基本のマナー 女性の服装

 

次にお待ちかねの女性の服装をご紹介したいと思います。

 

男性はだいたいスーツって決まっていますが、女性って難しいですよね。

 

いつも無難に黒や紺色のワンピースになってしまったり、会社の同期とかだと招待客が一緒なので同じ服じゃちょっと・・・ってなったり。

 

髪型は?小物は?靴は?・・・と悩みはつきません。

 

【女性編】 服装

 

一般的にはワンピースが多いです。

 

色は、会場が華やかになるように出来るだけ明るい色のものを。

 

ピンクやブルー、ベージュ、グリーンなど淡い色がおすすめですよ。

(親族の方はどうしても黒っぽい服装が多いので)

 

ただし花嫁さんとかぶってしまう「白」や花嫁さんより目立ってしまう「原色」はNGです。

 

ベージュも遠くから観たり写真に写る光の加減なんかで白く見えることがあります。

 

気になる方は黒のショールやボレロを羽織ることをおすすめします。

 

「私は白い服を着ていませんよ!」っていうのを強調してみましょう(笑)

 

素材はシフォンやレース、オーガンジーなど柔らかい雰囲気のものを。

 

スカートの丈は膝上5cmまで、親族の場合は膝丈となっています。

 

受付をする場合は、お辞儀をしたりゲストを案内したりするので、動きやすく、なおかつ胸元があいていないものがいいです。

 

お辞儀のたびに胸元が気になっていては受付の仕事に集中出来ません。

 

黒のワンピースしか持っていない!って方は、羽織物やアクセサリーで華やかさをプラスしてみてはいかがでしょう?

 

芸能人でもよく見かけますが、最近はパンツスタイルの方もよく見かけますね。

 

ビジネスのような硬い印象をイメージしますが、華やかなデザインや素材に気を付ければ十分華やかになりますよ。

 

ワンピースが一般的なので、珍しいパンツスタイルに「おっ!?」と目を引くかもしれませんね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

-センス溢れる シースルー切替トップス×フリルタンク×クロップドパンツ セットアップ- センス溢れるオシャレなセットアップのご紹介です。 大注目のシースルー切替トップスに、プリーツフリルが目を惹くタンクトップ。 大人っぽく上品にトレンドを楽しめます。 美シルエットを叶えるクロップドパンツもこなれ感たっぷり。 単品使いでそれぞれ着回しできるのも嬉しいポイント。 普段使いからお呼ばれ・パーティーシーンまで、幅広くお使いいただけます。 – SIZE S/M/L/XL/2XL – Color 黒 カーキ オフホワイト – PRICE 4380 – ぜひ当ショップへお越しください♪ @precious_dress_shop こちらの商品が気になった方は、ウェブサイトで「PD0029」で検索してください♪ – #レディースファッション#ドレス#パーティドレス#ドレスショップ#セットアップ#セットアップコーデ#きれいめ#きれいめコーデ#こなれた感#かわいい#可愛い#大人可愛い#可愛いコーデ#フリル#クロップドパンツ#お洒落#お洒落さんと繋がりたい#結婚式#結婚式コーデ#2次会#2次会コーデ#お呼ばれ#お呼ばれコーデ#お呼ばれドレス#可愛いドレス#ドレス👗

Precious Dress shopさん(@precious_dress_shop)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

【女性編】 羽織物 

 

夜のイブニングパーティー以外は原則肩を出すのは厳禁です。

 

ショールは肩からずり落ちないようしっかり留めておけるものを。

 

ボレロや袖付きのドレスをおすすめします。

 

ファー素材やアニマル柄は殺生をイメージするのでNGです。

 

【女性編】 くつ 

 

基本は5cm以上の太過ぎないヒールを。

 

サンダルやオープントウなどつま先が見えるものはNGです。

 

ただし、妊娠中などは高いヒールを履けないので、ヒールが無くてもOKです。

 

ストッキングは必ず着用してください。

 

素足は厳禁です。

 

色はベージュが一般的ですが、ラメ等が入っていて華やかなものであれば黒色もOKです。

 

【女性編】 アクセサリー

 

一般的にはパールを身に着けます。

 

お祝い事なので、重ねづけすることで「幸せを繰り返す」という意味になり、縁起が良いとされます。

 

一連の真珠でも十分華やかなので問題なくつけられますよ。

 

受付をする場合はお辞儀をすることも多いので長いものは邪魔になるのでおすすめしません。

 

【女性編】 バッグ

引用:Instagram

 

小ぶりのパーティーバッグを。

 

小ぶりなので入り切らない場合は、サブバッグを持っていきましょう。

 

大きすぎるバッグや、たとえブランドものでも紙袋はNGです。

 

【女性編】 ヘアスタイル

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💐 . . #fujikoarrange . .

韓国🇰🇷オルチャンヘア/カラー/ヘアセット/ アレンジさん(@fujiko_watanabe)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

アップスタイルかハーフアップスタイルが一般的です。

 

ショートヘアの場合は、きちんとセットして清潔感を出して下さい。

 

受付をする際はお辞儀をすることも多いので、髪の毛が顔にかからないようなヘアスタイルが望ましいです。

 

ヘアアクセサリーは派手な大ぶりのものや、新婦さんとかぶる可能性のある生花はNGです。

 

【女性編】 ネイル

 

受付は、ご祝儀を受け取ったり芳名帳に記入したりと、手元を見られる機会が多いです。

 

気合の入ったネイルまでする必要はありませんが、爪を切る、ハンドクリームを塗っておく等手のケアも怠らないようにしましょう。

 

ちなみにネイルをする場合は、範囲が狭いので「白」を使ってもOKです。

 

でも、結婚式という晴れの場なので暗い色やカジュアルに見える派手な柄は控えましょう。

 

会場が一気に華やかになります 和装もおすすめ

 

ちょっとハードルが上がるかもしれませんが、新郎新婦の親族の方は和装を着ると大変喜ばれます。

 

成人式以来着物なんて着てないな~って方は、せっかくの機会なのでいかがですか?

 

これからはおそらく着物なんて、結婚式か子供のイベント(入学式や七五三等)で着るくらいになるかも・・・あるいは着ないかもしれないですよ。

 

結婚式で着ることが出来る着物って?

 

和装の場合は未婚、既婚問わず「訪問着」「付け下げ」が一般的です。

 

ワンピースと同様ですが、「白」や派手な色は避けます。

 

色味を抑えた上品な柄のものを選びましょう。

 

「色無地」も「紋」がついていれば結婚式で着てもOKみたいです。

 

「振袖」もモチロンOKですよ。

 

ただし、未婚の女性のみですが・・・。

 

既婚者なら「色留袖」を着られている方よく見かけますね。

 

「紋」の数で格が変わるそうなので、友人であれば紋3つ以下、親族であれば紋5つになるそうです。

 

「紋」ってそもそも何なんでしょうね。

 

調べてみました。

 

紋は、平安時代に公家が目印や飾りとして牛車に好みの文様をつけたことがそもそもの始まりです。そしてそれが衣服や調度品に用いられるようになっていき、鎌倉時代から室町時代にかけて、称号のシンボルとして定着していくことになります。また、その頃から武家の間でも敵味方の識別のためや旗印として用いられるようになり、やがて町人や歌舞伎役者のにも広がっていきます。この頃には、歌舞伎役者の付けた紋がブームになるなど、江戸文化に華を添えるものとなっていきます。このように紋というのは、公家が目印として優雅なモチーフを築き上げ、武家が他と識別するために写実的で分かりやすい紋を作り、町人が文化として粋なものと変化させていったものであり、歴史とともにその役割も変化していったものです。

着物に紋を付ける時には、一つ、三つ、五つと数が決まっています。それぞれ、「一つ紋」「三つ紋」「五つ紋」と言って、格の高さは「五つ紋>三つ紋>一つ紋」です。五つ紋は、背中中心、両胸、後ろ袖の5ヶ所に付け、それぞれを「背紋」「抱き紋」「袖紋」と呼びます。これらは留袖、喪服、黒振袖などに用います。

三つ紋は、背中中心、後ろ袖の3か所につけ、色留袖、色無地などの略礼装に用います。そして一つ紋は、背中中心だけに紋をつけるもので、用途は三つ紋と変わりませんが、格という面ではこちらの方がよりカジュアルになります。

 

引用:紋の基本と使いこなし術(着物、着付け) all about

 

着物の世界は奥が深いですね。

 

種類がこんなにあるってことも初めて知りました。

 

私なんて「着物」と「浴衣」の違い位しかわからないんじゃ・・・。

 

いや、それすらも危ういのでは・・・(笑)

 

和装のヘアスタイル

 

着物の雰囲気に合わせたシンプルなアップスタイルが一般的です。

 

髪飾りは大きすぎず派手なものは避けます。

 

和装は慣れていないと着るまでもなかなか大変ですが、着てからも大変ですね。

 

常に姿勢を正しく保ち、歩くときは小股で歩きます

(大股のガニ股歩きは厳禁です!)

 

せっかくの着物が泣きますよ・・・

 

気崩れのチェックも必要です。

 

こんなに自分の身だしなみを気にするなんて・・・

 

ワンピースよりもはるかに女子力が上がるんじゃないだろうか・・・?

 

おすすめ!マナーあるオシャレな結婚式コーデをご紹介

View this post on Instagram

ショップにて発売中♪ @richesse9cc プロフィールページURLからショップにアクセス。 「0499」と検索♪ #結婚式#結婚式コーデ#結婚式お呼ばれ#結婚式ドレス#結婚式二次会#結婚式2次会#お呼ばれコーデ#二次会ドレス#二次会コーデ#パーティードレス#お呼ばれワンピ#パーティーコーデ#お呼ばれ#お呼ばれドレス#お呼ばれコーデ#お呼ばれスタイル#お呼ばれファッション#ドレス#ドレスコード#ドレスアップ#ドレス迷子#ドレス選び#ドレスショップ#ドレスコーデ#30代ドレス#40代ドレス#婚活難民#ワンピース#花柄#ブラックだよ全員集合

A post shared by richesse9cc (@richesse9cc) on

引用:Instagram

 

服にも流行りすたりがあると思いますが、今はやっぱり「インスタ映え」があついですよね。

 

いかに写真映えするか?

 

重要なポイントですね。

 

どこに重点を置くかは人それぞれだと思いますが、きれいなラインが出るか、魅力的なデザインか、好みの色や素材かなど様々です。

 

ちなみに今年の流行りのワンピースはケープスリーブワンピースみたいですよ。

 

画像でもおわかりになると思いますが、ケープを着ているような形になっているので羽織物が必要ありません。

 

気になる二の腕も隠せて上品に着こなせる一石二鳥のワンピースです。

 

カラーは黒や紺が鉄板の色ですが、ベージュやオレンジ、ピンクも人気の色になります。

 

黒以外でワンピースを選ぶなら、このあたりの色を選ぶと失敗が少ないかもしれませんね。

 

まとめ

 

お祝い事の依頼をお断りすることは、大変失礼にあたります。

 

快くお引き受けしましょう。

 

どうしてもお受け出来ない、断らなければならない場合は、新郎新婦も替わりの受付の人を探さないといけなので早めにお返事をしてください。

 

なんだか服装について細かく説明してしまいましたが、

 

1、服の色(花嫁の色、白はNG!

2、露出(胸元が飽きすぎた服、ミニスカート厳禁!)

3、素足(必ずストッキングを着用すること!)

4、清潔感(身なりをきちんと整えて下さい)

 

この4点に気をつければ大丈夫だと思います。

 

服装も大事ですが、「新郎新婦をお祝いする気持ち」これが一番大切です。

 

受付係も招待客のご祝儀を管理する大変責任のあるお仕事です。

 

こんな責任重大なお仕事を任されるということは、「新郎新婦に信頼されている証拠」なんですよ。

 

自信を持って結婚式を楽しみましょう!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です