結婚式の受付スペースの飾りをオシャレにしたい!失敗しない方法は?

 

引用:Instagram

 

こんにちは、SHIHOです。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。

 

結婚式って、すごく素敵なものですが準備は想像以上に大変ですよね。

 

花嫁さんは式当日まで忙しすぎて痩せる人も多いみたいですよ。

 

そんな話を会社の先輩から聞いていたので私も期待して「じゃあ、ダイエットしなくてもいいじゃん!」と思っていたのですが・・・

 

なかなか上手くはいかないものですね(笑)

 

性格が図太いせいか全く痩せていませんでした・・・(泣)

 

(いえ、むしろプラスだったような気が・・・)

 

話がそれてしまいましたが・・・ドレス選びやお料理を選んだりするのも結婚準備の醍醐味ですが、手作りにこだわる人はゲストへの招待状や席札なんかも作成されますよね。

 

準備することがたくさんあると思うのですが、今回は「もっとこだわっておいた方がよかった」と結婚式を経験した花嫁さんが言っているちょっと盲点な「受付スペース」の飾りについてご紹介したいと思います。

 

「受付スペース」って何?

 

引用:Instagram

 

「ウェルカムスペース」とも言うそうなんですが、結婚式の第一印象とも言われる「受付」の空間のことを言います。

 

ゲストが結婚式場を訪れて、一番最初に目にする場所になります。

 

一目見ただけで結婚式の雰囲気が伝わってくる、気持ちが盛り上がる場所ですよね。

 

私も結婚式を挙げたときは「受付スペース」の存在に気が付いておらず、「ウェルカムボードとウェルカムドールを飾っておいたらいいかな~」くらいにしか思っていなかったんです(笑)

 

なので、今思うと受付スペースをもっとこだわっておいたらよかったなと後悔しています。

 

皆さんはそうならないよう、結婚準備の盲点でもある「受付スペース」の飾りつけについての説明と実際こんな感じでやっている!っていうのをお伝えできればと思います。

 

忙しい花嫁さんのために、「安くて、可愛く、すぐできる」受付アイテムをご紹介しますね。

 

みんなどんな感じなの?受付スペースの飾りについて

 

引用:Instagram

 

ではでは、実際に受付スペースはどんなものを使って装飾するのでしょうか?

 

調べてみたのですが、本当にたくさんのウェルカムアイテムがあります。

 

私が挙式した時よりも明らかに多い気もしますし、流行りのものもあります。

 

是非参考にしてみて、皆様の個性あふれる受付スペースを演出してみて下さいね♪

 

ウェルカムボード

引用:Instagram

 

結婚式の定番中の定番ですね。

 

結婚式を挙げたカップルの90%以上が「受付スペース」の装飾アイテムに「ウェルカムボード」を用意しているんです

 

ウェルカムボードひとつでも結婚式の雰囲気やテーマが伝わるので重要な役割なんですよ。

 

新郎新婦の前撮り写真を飾った「写真タイプ」のものや、似顔絵を描いた「イラストタイプ」。

 

最近では、写真やイラストを一切使わない「海外風ウェルカムボード」や、木造のベニヤ板などを使って飾り付けされた「木製ウェルカムボード」も流行っているみたいですよ。

 

100均なんかで材料がそろって安上がりだし、お手軽に出来るので花嫁さんに人気です。

 

お庭で行うガーデンウェディングをお考えの方なんかはピッタリですね。

 

引用:Instagram

 

手作りされる方もいれば、購入派の方もいます。

 

結婚式場で頼める所もあるみたいですよ。

 

私の友人の結婚式のウェルカムボードは、友人の親友が手作りしてくれたそうです。

 

ご主人と友人の似顔絵がそっくりで、親族やゲストからも大好評でした。

 

良い友人を持つと、こういう時にありがたみを実感しますね・・・。

 

ウェルカムドール

引用:Instagram

 

「ウェルカムボード」と「ウェルカムドール」は「受付スペース」の鉄板アイテムですね。

 

昔は「ウェルカムベア」が定番だと思っていたのですが、最近では動物なら何でも、はたまた新郎新婦の人形を飾る人もいたりで何でもありなんですね。

 

ウェルカムドールの定番の動物と意味はこちらになります。

 

ウェルカムドールの定番動物!

1、クマ

引用:Instagram 

 

  母性愛が強いので、良い母親になれるという意味が込められています。

 

  また、ベア(bear)にはクマという意味と「実を付ける、実らせる、子を産む、進む」と言う2つの意味があり

 

  結婚後の生活を連想する「子宝」や前向きな意味が含まれています。

 

2、ウサギ

引用:Instagram 

 

  皆で力を合わせて支えていく性質から象徴される「家内安全」。

 

  ぴょんぴょんと跳ねることから「飛躍」のイメージの2つの意味が込められています。

 

3、フクロウ

引用:Instagram 

 

 定番の「ふく(福)」を呼び込む幸運の動物として人気です。

 

4、ブタ

引用:Instagram 

 

 たくさんの子どもを生むことから「子孫繁栄」と「金運上昇」の2つ意味を持ちます。

 

既製品のぬいぐるみを買って、衣装を着せても簡単にウェルカムドールが完成します♪

 

こだわる方は着せる衣装を新郎新婦の衣装とそっくりに手作りされるみたいですね。

 

引用:Instagram

 

手芸屋さんやネットショップなどでキットを購入してウェルカムドール自体を手作りされる人もいます。

 

どこにこだわるかは人それぞれですが、少し手を加えることで世界にたった一つのオリジナルウェルカムドールが完成しますね♪

 

イニシャルオブジェ

引用:Instagram

 

イニシャルオブジェとは、新郎新婦の名前のイニシャルをかたどったものです。

 

100均や300均で見かける人もいるのではないでしょうか?

 

値段もお手頃で気軽に取り入れられるイニシャルオブジェは結婚式の装飾アイテムとして、今人気上昇中です。

 

既製品のアルファベットの切文字などを購入し、木や紙、フラワーなどでリメイクするだけで見栄え良く仕上がります。

 

「受付スペース」でも飾れますし、受付が終わった後は高砂席の装飾にも使えたりとあらゆる場面で使えます。

 

イニシャルは結婚するふたりだけのものなので、デザインを工夫すればいくらでも「2人らしさ」を演出来ます。

お金をかけず、手軽にオシャレを求める方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

受付サイン

引用:Instagram

 

受付サインとは、新郎側と新婦側を明確にするために置かれるアイテムのことです。

 

受付スペースでゲストを導く標識のような役割ですね。

 

「ただの目印?」と思われる方もいらっしゃると思いますが

(実際私もそう思いました・・・)

 

受付スペースを一気におしゃれにしてくれるアイテムになると、ちまたの花嫁さんの間でも定番化しつつある受付スペースのアイテムになります。

 

単に「新郎側」「新婦側」だけでは味気ないので、せっかくなので結婚式のテーマに合わせた「受付サイン」を作成してみませんか。

 

他のアイテムと「カラー」を揃えたり、使用する「素材」を揃えたりして「統一感」を意識するとオシャレに仕上がりますよ♪

 

ウェルカムサイン

引用:Instagram

 

海外で流行っていたものが日本にも流行してきました。

 

道案内として使われている標札や看板の結婚式版になります。

 

「受付はこちらです」「披露宴会場はこちらです」とスタッフがいない時でもわかるように目印として活用することが目的の便利アイテムです。

 

目印だけを目的にするなら流行らないですよね。

 

いえいえ、なんといっても「オシャレ」で「インスタ映え」するんです!

 

引用:Instagram

 

こちらの画像は、なんと結婚式のプログラムを手作りされています。

 

手作りって、やっぱり温かみがありますよね~。

 

ウェルカムサインも100均ヤホームセンターなんかでお手軽に買える材料で作れるので人気です。

 

中には「ウェルカムボード」の代わりに作られる方もいるので、「ウェルカムボード」どうしよう・・・と迷っておられる方は「ウェルカムサイン」を作ってみてはいかがでしょう?

 

見栄えも良いし、受付スペースにも映えるし、ゲストの案内役にもなるしで良いことづくしですよ。

 

ウェルカムトランク

 
 
 
旅行用のトランクの中に新郎新婦の好きなモノ、結婚式のテーマに沿ったアイテムなどを入れ自由に飾ったものが「ウェルカムトランク」になります。
 
 
 
こちらも海外で流行っていたものですが、最近日本の花嫁さんにも人気になってきました。
 
 
 
お金も時間もそれほどかけずに、ふたりらしい世界を表現出来るので、手作りが苦手な人、手作りする時間があまりない人も気軽にチャレンジ出来ますよ
 
 
 
これなら面倒くさがりの旦那さんでも簡単に出来るんじゃないでしょうか?
 
 
 
私の旦那さんは車が大好きな人なんですが、子供のように車のおもちゃを集めるのが趣味なんです。
 
 
 
私は車って乗れたら何でもいいタイプなんですが、男の人ってそうじゃないんですよね。
 
 
 
こだわりが私にはよく理解出来ないのですが、彼に車を語らせれば本気で夜が明けてしまいます(笑)
 
 
 
「お気に入りの車をこのトランクに入れていいよ~」
とか言うとノリノリで協力してくれそうです(笑)
 
 
 
「好きなもの」にかけては男の人って熱い人種なので、上手くその気にさせてあげましょう。
 
 

「受付スペース」をおしゃれに見せるためのポイント

 

 

「受付スペース」のアイテムってこんなにたくさんあるんですね。

 

しかも全部おしゃれ!!!

 

でもこんなにオシャレなものがたくさんありますが、全部!!ってなかなか難しいですよね。

 

時間的にもそうだし、いくら安くで出来るって言ってもお金もかかるし・・・。

 

あまりごちゃごちゃ置きすぎるとかえって物が散乱してしまい、受付の人にも迷惑となってしまいます。

 

なるべくオシャレでスッキリした受付スペースを目指しましょう。

 

あとは、やっぱり結婚式場の雰囲気と合わせることです。

 

いくらオシャレなスペースを作っても、会場の雰囲気と合っていなければ「受付スペース」だけが浮いた状態になってしまいます。

 

テーマカラーを決めたりすると「統一感」が出てオシャレに仕上がるかもしれませんね。

 

挙式当日 トラブルを起こさないために注意することは?

 

引用:Instagram

 

受付スペースは何もしなければシンプルな「受付スペース」のままですが、手を加えれば加えるほど華やかな空間に変身します

 

でも、挙式当日の新郎新婦はとても忙しいので正直「受付スペース」の飾りつけをする余裕はありません。

 

ほとんどは結婚式場のウエディングプランナーさんが挙式当日に飾りつけをされます。

 

なので、当日実際に見てみて「自分のイメージと違う!」なんてショックを受けてしまう場合もあります。

 

当日に自分ではなく他の人に飾り付けをお願いする場合は、事前にしっかり飾りの位置やイメージを伝えておきましょう

 

飾るアイテムに「〇〇辺りに飾って下さい」というようなメモを貼っておいたりするのも良いと思います。

 

こういう時代なのでイメージ画像や配置図を予め渡しておくこともおすすめです。

 

実際の画像を見たほうが確実なので・・・。

 

さらにこだわる人であれば、事前にセットしたものを写真にとって渡しておくと確実ですね。

 

まとめ

 

「『受付スペース』のこと何も考えて無かった!」

 

そんな方もまだまだ遅くないですよ。

 

一生に一度の大切な記念日なので、こだわり抜きましょう!

 

2人らしさがにじみ出る「受付スペース」を、ゲストが「楽しく」「居心地が良い」と思える空間にしたいですね。

 

私の記事が皆様の「素敵な受付スペース」の参考にしていただければすごく嬉しいです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です