死ぬまでに行きたい!ウユニ塩湖へバスで行ったら過酷な旅だった話!

 

みなさんこんにちは!

 

空が広大な大地に鏡の様に映し出される絶景の場所「ウユニ塩湖」。

 

人生に一度は訪れたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、ウユニ塩湖という場所の魅力と、私がウユニ塩湖まで行った際の過酷な道のりや体験談についてお話致します!

 

 

死ぬまでに行きたい!ウユニ塩湖って?

 

ウユニ塩湖(スペイン語:salar de uyuni)はその名の通り塩でできた湖です。

 

南米の国ボリビアのウユニという町から1時間ほど車で行った場所に位置しています。

 

大昔にアンデス山脈が隆起した際に海水が大量に残ったこと、ウユニが乾燥した土地であったこと、海水が流れ出る川がなかったといった様々な理由によって広大な塩湖が形成されました。

 

また、塩湖の全体の高低差がほとんど無いため、雨季には雨が溜まり、水鏡のような絶景が出現します!

 

 

ウユニ塩湖に出会ったきっかけ

 

私は、BUCKET LIST(バケットリスト)という、死ぬまでにしたいことを100個書き込むためのノートを購入していました。

 

そして、そのノートの帯いっぱいに写っていた景色がウユニ塩湖だったのです。

 

「ここは本当に地球上にある場所なの?」と思うくらい綺麗な水鏡の世界で、その写真に釘付けになりました。

 

なつ
死ぬまでにここに行きたい。いや、絶対に行く!

 

と心に決め、そのバケットリストの最初のページに「ウユニ塩湖に行く」と書き込みました♪

 

 

ウユニ塩湖までの道のり

 

旅行の日程

 

ウユニ塩湖へ行こうと思った際に、私はカナダのトロントで旅行をしていました。

 

カナダから南米って、日本から南米より全然近い!

 

という単純な理由でしたが、今しか無いと思いました。

 

ちょうどトロントで知り合ったペルー人の友人がいたので、その友人に連絡してカナダからペルー経由で、1月中旬に雨季のウユニ塩湖を狙って向かいました。

 

旅行の日程は以下の通りです。

旅行日程
  1. トロント
  2. リマ(ペルー)
  3. クスコ
  4. プーノ
  5. ラパス(ボリビア)
  6. ウユニ

 

私の友人がリマに住んでいたので、リマからは友人と一緒に行動しました!

 

ボリビア入国は飛行機がオススメ!

 

私はできるだけ安く移動したかったため、飛行機を利用したのはトロント→リマリマ→クスコのみで、それ以外はすべてバスを利用しました。

 

南米はバス利用が一般的らしく、様々な種類のバスがありました。

 

値段もかなりお得で、大阪ー東京間ほど距離のバスは2,000円程度で、広々したシートとテレビが付いている席に乗ることができました。

 

なつ
しかし、バスでの国境通過はかなり過酷でしたよ・・・。

 

ペルーからボリビアに行く際、国境を通過しなければならなかったのですが、突然バスガイドさんに言われたのは・・・。

 

バスガイドさん
国境封鎖が起こったので、別のルートを利用します。

 

なつ
・・・国境封鎖?

 

そして別の国境通過地点はかなり古い場所だった上に、通過後バスから降ろされ、バスと一緒にボートでチチカカ湖を渡るという貴重な経験をしました。

 

このあたりから、ボリビアに入った瞬間何かが違うと感じました。

 

予想はあながち当たり、舗装されていない道ばかりになり、突然何もない道で降ろされて30分以上放置されたり、乗客を降ろしてバスが川を渡ったり、バスターミナルで通過料金を請求されたりとありえないことばかりでした。

 

「日本ではありえない。」と何度もつぶやきました。(笑)

 

ペルーとボリビアの国境からラパスまでは8時間程度の道のりで、ラパスからウユニまでは、夜行バスでさらに12時間ほどかかりました!

 

たとえ安さ重視の旅行だとしても、ボリビアに入国する手段としては飛行機をオススメします!

 

 

過酷な旅を忘れさせてくれる絶景!

 

そして、翌日にウユニへ到着しました!

 

私たちは1日ツアーに申し込み、ほかにイギリスから来た3人の旅行者と英語のツアーに参加しました。

 

車で道路を進んでいくと一瞬で見えている景色が水鏡に切り替わりました♪

 

そしてあっという間にあたり一面水の張った塩湖を車が走っていました。

 

ここって天国かもしれない。

 

そんな感想しか出てきませんでした。あとは言葉になりません。

 

なつ
過酷な道のりを経てたどり着いたウユニ塩湖の絶景は、今までの疲れを吹き飛ばしてくれました。

 

前も後ろも右も左も果てしなく絶景が広がっていましたよ!

 

雨が降ってたりすると水鏡にならないこともあるとガイドブックには記載されていましたが、幸運なことに雨も風もなく、私の思い浮かべていた通りの水鏡でした♪

 

 

ウユニ塩湖の旅での唯一の心残り

 

ウユニ塩湖に行って写真を撮るともちろん全て絶景なのですが、一生の思い出にするために、更に写真映えする小道具をなにか持っていくことをオススメ致します!

 

なつ
私が唯一後悔したことは、綺麗なドレスを着た写真を撮って残したかったな・・・ということです。

 

世界で一番きれいな場所(個人的に)で一番輝いている自分の写真を撮る。

 

これから行く読者様には、ぜひこの感動を体験してもらいたいです!

 

 

ウユニ塩湖には準備万端で行こう!

 

ウユニ塩湖という絶景にたどり着いたという思い出は一生忘れることができません

 

この喜びは、ウユニに着くまでの過酷な経験があったからこそかなと思いました。

 

なつ
読者様も、ウユニに行く際はしっかりとした準備をお忘れなく。

 

海外旅行の持ち物や準備については、こちらの記事で紹介しております!

海外旅行準備の簡単3ステップ!英語できずも初めての一人旅を実現!

2019-09-06

【海外旅行】マストな持ち物チェックリストとおすすめの便利グッズ

2018-10-27

【海外旅行】wifiレンタルはお得!おすすめルーターランキング!

2018-10-21

 

私の体験談が、少しでも旅行のお役に立てたら幸いです。

 

人生で忘れられない光景を体感してきてください!

 

海外旅行のプラン決めで複数の旅行会社へのお問い合わせが必要になると思うのですが、各旅行会社へお問い合わせするのは手間がかかりますよね・・・。

各地域にある専門の旅行会社があるのかも、調べて探す必要が出てきます。

 

なつ
しかし、複数の旅行会社(お好きな会社を選択可能)へ一括で簡単にお問い合わせが出来る便利なサイトがあるのです!

 

お問い合わせフォームに希望条件を入れていくだけで、各社の予算や見積り・プラン比較・アドバイスがもらえます。

 

各地域にある専門の旅行会社、つまり旅行のプロフェッショナルからプランをもらうことで、複数の旅行会社にお問い合わせすることの重要さがお分かり頂けると思います!

 

\完全無料なので、見積もりをぜひ一度お試しくださいね♪/

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

 

 

TOPに戻る

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です