【海外旅行体験記】極東ロシア_ウラジオストクへひとり女子旅♬

 

皆さんこんにちは!

いつも読んで下さりありがとうございます。

 

今日はロシアのウラジオストクに旅行に行ったときのことをご紹介したいと思います!

 

「え?それどこにあるの!?」
なんでそんなところに旅行に行ったの?」
「行ってみてぶっちゃけどうだった?」
という疑問にお答えする旅行体験記のつもりで、書いてみました。

 

旅行に行った気分でお付き合いくださいねっ♪
さぁ、しゅっぱーーつ!

 

 

ロシアのウラジオストクってどこにあるの?

 

世界一の面積を誇るロシア。おおきな国として知られていますよね。

 

「ロシアは知ってるけど、ウラジオストクなんて地名聞いたことないよ」

そう思われる方が殆どだと思います。

 

さて、そんな未知の地域、ウラジオストクはなんとここにあります!

じゃじゃーーーん!!

引用:GoogleMap

 

んんん!?Googleマップ上に日本も入ってる?
もしかして日本の近くなの?

そうなんです!

なんと成田空港から2時間30分で行けちゃう場所、それがロシアのウラジオストクという街なんです♪

 

ウラジオストクはロシアの中でも「極東(きょくとう)ロシア」という地域に属しています。

極東ロシアとはつまり…

 

極東ロシアとは、ロシアにある8つの連邦管区の内、極東連邦管区地域になります。 中心地はハバロフスクで、日本からは最短飛行機で約2時間半でいくことができ、日本から一番近いヨーロッパと言われています。また、世界最長の鉄道であるシベリア鉄道の東の出発点となる駅が極東ロシアのウラジオストックであることで、ここを起点に鉄道の旅を楽しむツーリストも多いです。

引用:クラブツーリズム

 

ロシアを東西に横断しているシベリア鉄道は知名度が高いので、ご存知の方も多いハズ!
そのシベリア鉄道の東側の始発駅がウラジオストクにある、ということなんですね♬

 

ウラジオストクは日本から1番近いヨーロッパ」って覚えてもらえると嬉しいです!

 

ロシアのウラジオストクってどこにあるの?
・日本に1番近いヨーロッパ
・シベリア鉄道の東の始発点
・成田空港から2時間30分で行ける街

 

 

旅行先をウラジオストクに決めた理由

 

さぁここで皆さんは、きっとこう思っていませんか?
「またなんでそんなところにわざわざ行ったの?」と。

 

「2時間半で行けるなら韓国行って韓国コスメ買いたい」
「2時間半で行けるなら台湾で美味しい小籠包食べたい」

 

ですよね!そんな旅行も絶対楽しいと思います。
私も台湾の小籠包が大好きで、つい食べ過ぎてテーブルをせいろで山盛りにしたことがあります(笑)

 

でも!ウラジオストクも負けず劣らずステキなところなんですよ♪

理由①短時間で行けるヨーロッパ圏

ここで、私に起こった出来事を説明させて下さい。

 

海外旅行に行こうと決めた当時、実は私は5日間の休みをとれる予定だったんです。

平日5日休めるということは…土日も合わせて…7連休…まじ…?

やっほーーい(踊り狂う私)!

 

「長期間の休みだもん!せっかくだからヨーロッパ行こう!」
イタリアでピザ食べて、アマルフィ海岸に行こう!」
ドイツでビール飲んで、ケルン大聖堂を見よう!」
スペインでパエリア食べて、サグラダファミリアに登ろう!」
なんて思っていたんです。

 

社会人になって、なかなかこんな長期連休はないですもん。

 

それがですねぇ…人生はなかなか上手くいかないもので…

 

なんと5日間の休みが4日間に!
しかも仕事の都合でぜっっったいに休めない日に挟まれちゃったんです。

 

つまり、どう足掻いても休みを4日間以上に増やすことは不可能

「くぅー…会社員…ツラい!」と思っちゃいましたよ。
当時の私は、もう仕事のやる気下がりまくりでした。

 

気持ちはもうヨーロッパ一択なのに、私の休みは4日間しかないんです。。

 

そこで私は「近場で行ける国ってどこかあるかなぁー。できればヨーロッパ感を味わえる所がいいなぁ。そんな所ないよねぇ…」

と思いながら、Googleマップを開いたのです。

 

そこで見つけたのが、ウラジオストクというわけです。

引用:GoogleMap

 

日本との近さをお伝えしたくって、もう一度地図を載せちゃいます♪

 

ロシアといえばヨーロッパ圏です。
イタリアやドイツに行けない無念を忘れられなかった私は即決しました。

 

そうだ!ウラジオストク行こう!」と。

理由②他の人があまり行っていない国

ウラジオストクと同じく、おおよそ2時間半で行ける国といえば韓国・台湾・香港・グアムなどが思い浮かびます。
もちろん、出発する国内の空港によって多少時間は前後しますけどね。

 

でも、今回に限っては、近場の国にどうしても魅力を感じられなくって…
なんてったって気持ちだけはヨーロッパですから(笑)

 

ウラジオストクを見つけたときは、「他の人があまり行ってない国」という点も魅力に感じました。

 

ネットで検索しても、玄人の旅行好きな方たちのブログばかりヒットしてたんです。
そんな旅行好きな人に混ざって「プチ冒険」ができるのが嬉しかったことを覚えています♬

ウラジオストクの見どころは?

ウラジオストク駅

旅行の拠点と言えば、まずは駅ですよね♪
ウラジオストク駅の駅舎はもはやヨーロッパです!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・ 🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺 ・ 📍Vladivostok st. ・ 「しもしもー?ウラジオストク駅着いたよー❤︎」 風な、なつみぶるー🙋🏽‍♀️☎️ #電話の相手は永遠に無言 #海外の街並になじみ隊 ・ ・ ・ ウラジオストク駅、本当に可愛いなぁ🚉💕 ・ シベリア鉄道始発駅💡 ・ シベリア鉄道に乗らなくても、必ず観光スケジュールに入れないとね📝✨ ・ 前回、ウラジオストク駅に来た時は観光客で溢れ返っていて写真を撮るのも一苦労🙄📸💦 ・ なので、今回は9時前に着くようにしたら前回より撮りやすかった👍🏽✨ ・ ・ #tabijyomap_vladivostok support by @tabi_jyo ・ 🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺🚃🇷🇺 ・ ・ 📸 / SONY a7II Thanks photo @aym210 #ig_vladivostok #vladivostok_city #vladivostokcity

@ natsumiii_blueがシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

めっちゃ可愛い駅舎じゃないですか?
日本とは違う雰囲気でもうここから海外感満載です。

私のテンションも上がっております(笑)
このヨーロッパな感じの建物が見たかったんです♪

 

ちなみに切符を持っていなくても、写真の茶色いドアから中に入ることができますよ。
(私が行ったときは手荷物検査がありました)

中に入ると…

引用:Instagram

 

これまたほんとうに可愛いんですよ。

 

ここは駅の待合室

日本の駅構内もこうなればいいのになって思っちゃいます。

 

もちろん私もベンチに座ってみました。

切符持ってないのに(笑)

 

ちなみに、冒頭でも触れましたがウラジオストク駅はシベリア鉄道の東の始発点でもあります。
駅のホームにも立派なキロポスト(距離標)が置かれています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mission complete, achievement unlocked. #9288 #TransSiberian

Petr Tyulenevさん(@_dofin_)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

切符がなくても、ホームまで行けちゃうんです。

 

私が行ったときは、団体旅行中の方たちが記念写真を撮っていたりしました。
ここは外せない観光スポットのようです。

 

ちなみに、この記事の最初に載せている写真は、このキロポストの下にある石板を私が撮影したものです。
ロシアのキリル文字は読めないので、残念ながら意味は分かりません。

 

どなたか教えてください(笑)

鷹の巣展望台・金角湾・黄金橋

ここもウラジオストク観光で外せない絶景ポイント

 

2012年に開催されたAPEC首脳会談がきっかけで作られた黄金橋が一望できます。
手前のカーブした道路がいい味を出している気がします。

 

夜に行くと、夜景がきれいなところですが、お昼間に行くとこんな感じです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本から一番近いヨーロッパへ。ということで、3連休でロシアのウラジオストクへ行ってきました。成田から2時間半で、VISAもネットで申請するだけなのでロシアに行きやすくなったなと思います。 サーカスで熊が芸をしているのを見たりペリメニを食べたりと丸1日しかなかったけど、見たいところは見れたので満足です! #ウラジオストク #ロシア #サーカス #ペリメニ #鷹の巣展望台 #とにかく歩く #日本より寒い #ロシア正教 #教会 #日本から一番近いヨーロッパ #飛行機はまさかのプロペラ機 #サーモン持ち帰り #ウラジオストク駅 #シベリア鉄道終着駅 #9288km

yummy_in_jpさん(@yummy.777)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

私もお昼間に行ってみたのですが、残念ながら曇っていて…
インスタグラムで晴天の写真をあげている方がいらっしゃいましたのでこちらをご紹介しました。

 

SHIHO

だいたい旅行に行くと晴れ女を発揮する私なのですが、鷹の巣展望台はいつものチカラを発揮できませんでした…

ん~残念(涙)

 

 

それともうひとつ、日本の「恋人の聖地」っぽいところも発見しちゃいました!

引用:Instagram

 

これは…日本の観光地で見る、あれですね♬
どこの国のカップルも、もしかしたらやりたいことは一緒なのかもしれませんね(笑)

 

ロシアに一気に親近感を感じるひと時でした(笑)

 

この絶景を見ながらコーヒーを飲みたい気分でしたが、鷹の巣展望台の近くにはカフェや飲食店は見つけられませんでした。
これから有名になっていけば、カフェもたくさんできるかもしれませんね。

ケーブルカー

鷹の巣展望台に行くにはケーブルカーを利用するのをおススメします。
なぜかというと、展望台というだけあって結構急な坂を上らないといけないからです(笑)

 

ラクできるところはラクに行きたい私はもちろん行きも帰りもお世話になりました。

 

このケーブルカーは地元の人の足としてメインに使われているようで、地元のロシア人たちも乗車していました。

 

そこで、「ロシアで生活する日本人女性」になりきって乗車してみました。
車内に車掌さん(優しそうなおばちゃま)がいますので、その方にお金を渡して乗車します。
といっても約180mしか距離がないので、あっという間に到着です。

 

写真は赤色のケーブルカーを紹介していますが、実際は青と赤のケーブルカーが交互に運航しています。
このころんとしたかたちも可愛いですよね♪

 

SHIHO

「地元の人が利用しているものを味わってみたい」という方にはぜひおすすめです!

 

聖堂・教会・凱旋門

ウラジオストクの町には聖堂や教会などの歴史的建造物もたくさんあります。

 

仏教圏のアジアとは異なる雰囲気を醸し出していますね。
私が行ったときは敷地内には入ることはできましたが、ミサ中は中に入れませんでした。
こういった施設は観光よりも、利用者さん優先ですので、配慮は忘れずにいきましょうね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

날씨너무좋은데 볼따구 터지겠다 덜덜덜

지히봉🧡さん(@pkutku)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

引用:Instagram

街中に突然現れる教会たち。

日本ではこの色合いは見れないですもん。

 

どこに旅行に行っても、こういう地元に馴染んだ施設を見に行くことが好きなんですよねぇ~

こちらは写真メインでのご紹介でした。

アートな街並み

さぁ、最後の見どころです。

 

ウラジオストクの街中にはアート作品がたくさんありました!

 

このウサギのイラストもたまたま歩いていて見つけたカフェの入り口に描いてあったものです。
街をあげてアートを推進してるんでしょうか?

 

詳しいことはよく分かりませんが、歩いていたら突然現れるアートをいくつかご紹介しましょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#ウラジオストク#壁画の街#街の至るところに壁画#グム裏#グム百貨店#壁画アート #旅好きな人と繋がりたい #ロシア#ロシア旅行#子連れ海外 #3世代旅行#3世代海外旅行

workshopsaloncomo?さん(@workshopsaloncomo)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

さすがにメインストリートにはありませんでしたが、ちょっと裏路地に入ってみるとアートに出会えたりします♪

アート探しの旅は、女子同士で楽しめるかもしれませんね!

友達同士で行くと、写真の取り合いっこができるので楽しみも倍増な予感です。

実際にロシアに行くときに心配なこと

観光でもビザは必要なの?

結論からお伝えしましょう。

 

ビザは必要ですが、従来の申請方法よりもバツグンに簡易化されました!

 

2017年8月からE-Visaという電子ビザ制度が始まりました。
ウラジオストク付近の旅行に関しては、このE-Visaをインターネットで申請すれば早ければ即日ビザが降りるみたいですよ。

 

私が行ったときはまだビザが必要でした。

必要書類を揃えて、東京の麻布にある在日ロシア領事館に行ってビザの申請をする必要があったので、ビザの緩和でウラジオストクへの距離がより一層縮まったことは間違いないと思います!

 

仕事を休んで申請に行ったり、書類をもらうのに四苦八苦したりする必要がなくなったんですから。
ウラジオストクがあなたを待っている!というわけですね。

 

公式の情報はこちらからご確認ください⇒ロシア連邦外務省領事部

ロシアで英語は通じるの?

ここも大事なことですから結論から言いましょう。

 

ウラジオストクで、英語はほぼ通じませんでした(笑)

 

私が行った主な場所、ホテルのフロント、切符売り場、レストラン、スーパーマーケット、バスでは残念ながらほぼ通じませんでした(笑)
かろうじて空港だと通じるかな?程度です。

 

あまり期待せずに行きましょう。

 

「えー、英語通じないってどうするの?ロシア語喋れないよ…」

そうですよね。

私も「スパシィーバ(ありがとう)」くらいしか知りません。
でも大丈夫です、なんとかなります(笑)

 

その根拠はこんな出来事があったからです。

 

街にあった本屋さんでロシアの観光マップを買おうと思ってレジに持って行ったんです。
そこで私、無意識に「いくら?」って言っちゃったんです(笑)
そしたら、なんと店員さんが電卓を叩いて「100ルーブルよ。」と教えてくれたんです。

 

あれ!?日本語通じるの?と思って「ありがとう!」と言ったら、今度は通じませんでした(笑)

 

だから、なんとかなります!
ジェスチャーとかその場の雰囲気でコミュニケーションは取れますよ♪

ロシアって怖くない?

おそロシア。

 

そんなイメージありますよね。

でも行ってみると、全然怖いなんて思わなかったです。

 

スーパーでも「どこから来たの?」とレジのおばちゃまに聞かれたり

(ロシア語は分かりませんが、多分そう言ってました笑)

会話をきっかけにニコっと笑ってくれるときの表情はとっても可愛いんですよ♪

 

皆さんにも是非知ってもらいたいです!

 

私はウラジオストクに行って、もっとロシアを知りたくなりました。

 

いつかはロシアの首都、モスクワに旅行に行こう!

と思えたことが今回の旅行の1番の収穫だったかもしれません♬

 

SHIHO

もちろん、「夜は出歩かない」とか「お酒を飲みすぎない」とか基本的なことは注意しないといけませんが、それはロシアに限らず海外旅行のキホンですからね♬

 

 

まとめ

 

私の旅行記を読んで下さりありがとうございました。

 

私がウラジオストクをおすすめするポイント
・日本から1番近いヨーロッパ
・日本から約2時間半で行ける
・手軽にヨーロッパの街並みが楽しめる
・路地裏アートも必見
・電子ビザが運用スタート。渡航が簡単に!
・優しい方が多くて怖くない

 

ロシアやウラジオストクに少しでも興味を持って頂ければ、とっても嬉しいです♪

 

海外旅行の際は、保険選びや、便利なやクレジットカード、パスポート更新も気になるところですよね。
旅行前には、別の記事も参考にして貰えるともっと嬉しいです♪

 

海外旅行保険って正直必要?みんなどうしてる?

2018年10月7日

海外旅行保険は三井住友VISAクラシックカードが一番オススメな理由

2018年10月17日

パスポートを更新・申請したい!書類や必要なもの一覧!!

2018年10月7日

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です