海外ウェディング&ハネムーンのおすすめはリピーター続出のバリ

 

 

海外挙式を考えてる人が増えてきましたね。

 

ハネムーンも兼ねて海外で挙式を挙げる人も最近増えています。

 

海外挙式の場合はスケジュール調整に手間取る可能性が高いので1年前には準備を始めているみたいです。

 

今回取り上げるのは「バリ」です。

 

おススメするチャペルや旅行スポットなどを詳しく紹介したいと思います。

 

おススメするチャペル3ヶ所の紹介

 

ウル シャンティ

引用 : https://smp.his-wedding.com/asia/chapel/ulushanti

 

こちらの動画をご覧ください。

 

花嫁を至福の癒しで包んでくれること間違いなしのチャペルですね!

 

バリ島のヌサドゥア地区の高級ヴィラリゾート、プライベート感を重視した、高級ヴィラと調和する柔らかな色遣いのモダン・バリウェディングが叶います。

バリ南東の大規模なリゾートエリア・ヌサドゥアで、その穏やかな自然に抱かれるように佇むチャペル。直線が折り重なるように描かれ、心地よい潮風に揺れる水面に浮かぶように建てられています。

牧師から温かな祝福の言葉が贈られる厳かなセレモニーの後は、ゲストたちの歓声に包まれた大階段でのフラワーシャワーの祝福を。

 

ホテル内のレストランは、バリクラシック風のインテリア♪落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりと西洋料理を楽しめるのもポイントです(^^)

南国色豊かなガーデンや白砂のビーチを望む心地よいロケーションに、プール付きの豪華なプライベートヴィラが佇むバリ屈指のビーチリゾート。バリニーズのホスピタリティが、夢のような至福の贅沢を演出してくれること間違いなし♬

 

ザ·リッツ·カールトンバリ ザ·マジェスティックチャペル

引用 : https://www.watabe-wedding.co.jp/resort_wedding_overseas/bali/special/ritz_carlton/

 

インド洋を望む絶景が素晴らしいの一言。

 

2つのアーチが一つに重なり合うフォルムは新郎新婦の人生が一つに重なり合い、共に歩んでいくことを表現しているそうです。

 

天井が高く開放感あるチャペルの正面は、大きなガラス越しに広がる蒼く澄み渡る空と海。デイタイムやトワイライトタイムへ時間の経過で表情を変える美しい情景が、すべての人々を魅了してくれます。

 

挙式後は目の前のビーチで写真撮影が楽しめるのもポイントです(^^)

雄大な自然は絶好のフォトスポットとして、いつまでも鮮やかなまま思い出のページを彩ります。

 

広大な敷地内でのフォトツアーでは、ここでしか叶えられない撮影を楽しむことできるんですよ♪

パーティ会場は、オーシャンビューのダイニング、爽やかな風が吹き渡る緑豊かなガーデンでのケーキカットは、開放感を満喫できる素敵なひと時。

 

最高峰のお料理を堪能しながら会話を弾ませることができるでしょう。

 

アリラ·ヴィラズ·ウルワツ クリフエッジカバナ

引用:https://foreign.weddingpark.net/asia_beach/

 

 

こちらの動画をご覧ください♪

 

この地でしか味わえない絶景が果てしなく広がる空間での挙式って素敵すぎませんか♬

海抜170mの崖からの絶景が広がるクリフエッジカバナ。

 

バリの最南端ウルワツの断崖に広がるナチュラルコンテンポラリーなリゾート「アリラ・ヴィラズ・ウルワツ」

 

ウェディング専用エリアでプライベート感あふれるひと時を過ごせますよ。

ここでしか味わえない180度のオーシャンビューに彩られた挙式空間、敷地内には映画のワンシーンのようなフォトジェニックな撮影スポットがあふれ、抜群の開放感を背景に二人の幸せを写真に刻み込みます。

挙式後はホテル内でウェディングパーティを。バティックの金型やインドネシア伝統の食文化をモチーフにした会場はバリ島の伝統を感じながら挙式の余韻をゲストと楽しむことが出来ます。

 

バリってどんなところなの?

 

 

「バリ島」は「インドネシア共和国(Republik Indonesia)」に属する島で、第一級地方自治体の「バリ州」になります。

 

インドネシア共和国は、約1万8000からの島で形成され、アジアで唯一、赤道が通過している国になるんですよ。

 

人口は世界で第4位の2億3000万人。多民族国家であるインドネシア共和国には約300の民族、583の言語があると言われており、国全体では国教のイスラム教信仰者が87%にのぼり、世界最大のイスラム教徒を抱えていますが、民族によってそれぞれの文化や宗教を信仰しています。

 

バリ島の人口は約320万人。面積は約5633㎢。東京都の約2.5倍の大きさです。結構大きいんですね!

 

州都はデンパサールで、9つの第二級地方自治体(県)で構成されています。島内には3142mのアグン山や1717mのバトゥール山など、多くの火山があります。

 

バリの気候は日本と、どう違うの?!

 

 

バリ島の気候は熱帯性気候に属し、乾季と雨季の2つの季節があります。

 

年間を通して平均気温は約28度、乾季は日中30度を超える日もありますが、湿度が低く、日本の夏と比べて過ごしやすい気候になります。

乾季は4月から10月までで、終日雨が降ることもなく快適に過ごせますが、湿度が低いため、夜間は南部でも肌寒く感じるほど昼と夜の気温差があります。

 

雨季は11月から3月までで、1日に何度かスコールが降ります。乾季に比べて湿度が高いので、じっとりとした暑さを感じます。最近は雨期の始まりが遅れる傾向があり、本来なら一気に降ってスッキリ晴れるスコールもあれば、一日中降り続く日もあります。

気温はエリアによっても大きく変わりますが、南部エリアのクタ・ヌサドゥアなどは他のエリアと比べて気温が少し高く、逆に山間部に当たるウブドやキンタマーニなのど中部エリアは気温が低くなり、雨期の期間は南部エリアよりも降水量が多くなります。

 

おススメする観光スポット4ヶ所の紹介

 

ウルワツ寺院

引用 : https://www.bali-aruki.com/14.html

 

バリ島でも有数のパワースポットとして知られているウルワツ寺院。

 

バドゥン半島南西端の海岸沿いにある寺院で、海の精霊が祀られているんです。

 

海に沈む夕日を眺められる絶景スポットにもなっています。

 

ウルワツ寺院の、見どころと言えば、毎日夕方の6時ごろから行われるケチャダンスが有名みたいです。是非見てみたいですね♬

 

注意しないといけない点があります。周辺の散策も楽しめますが、野生の猿が多いのが欠点ですね。

 

クタ·ビーチ

引用 : http://hatsu-tabi.com/kuta

 

バリのビーチの中でも観光客に人気で有名なクタ・ビーチ。

 

綺麗なサンセットが人気の理由のひとつですが、サーフィンにも人気なエリアです。

 

周辺にはレストランやリゾートホテル、ナイトスポットもあり、クタ地区は「バリ島随一の繁華街」とも称されているそうです。

 

一日中居ても飽きなさそうですね♬

 

アヤナ リゾート アンド スパ バリのロックバー

引用:https://www.google.com/amp/s/welove.expedia.co.jp/

 

インド洋から14メートル上に建つ、大人のお洒落な空間が広がっている絶景オープントップバーです。

 

潮風が心地よく、インド洋に沈む美しい夕日を眺めながらロマンチックなひと時を過ごせますよ。

 

こんな、お洒落な場所で愛を語り合ってみてはいかがですか?いい想い出になること間違いなしですね!

 

スミニャック·オベロイ通り

引用 : https://bali-his.com/map/area4

 

スミニャックビーチでリゾート気分を満喫できるほか、スタイリッシュなカフェやレベルの高い世界各地の料理が堪能できるレストランが多くあるお洒落なエリアです。

 

スミニャックの中でも特におすすめしたいのは「オベロイ通り」です。

 

可愛い雑貨店や美味しいレストランが数多く並んでいるほか、街スパも豊富で女子におススメなんですよ。

 

想い出の品やお土産も、ここで買えそうですね♬

 

まとめ

 

  • おススメするチャペルでは、なんと言っても絶景ですね♪大自然のパワーを存分に味わえそうです。

 

  • バリの広さが、東京都の約2.5倍の大きさには、びっくり(汗)

 

  • 乾季と雨季の2つの季節があり、年間を通して平均気温は約28度。

 

  • 観光スポットでは、ビーチや絶景が見れるスポットや大人空間のバーやショッピングを楽しめる場所を紹介しました

 

 

どのチャペルにするか迷っちゃいますよね。解放感が半端ないです。

 

でも、どのチャペルを選んでも、絶対後悔はしないはず。

 

バリの、大自然パワーを存分に味わって来てください。

 

一生心に残る、素敵な想い出を。

 

 

場所やプランで悩んでいるなら『プラコレ』がすべて解決してくれますよ♪

 

 

『プラコレ』について詳しく知りたい読者様はこちらの記事で紹介しています♬

私が出会った「プラコレウェディング」の魅力や評判・口コミを紹介

2018年10月25日

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

【特集まとめ】これまでご紹介した国内外の挙式まとめ

 

TOPに戻る

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です