パスポートの更新や申請をしたい!代理は頼める?必要な書類は?

 

こんにちは!SHIHOです!

 

海外旅行といえば、パスポートをとるのは必須ですよね!

 

でも役所って、窓口が開いている時間が短かったりしませんか?

 

そんな時間帯じゃ仕事が忙しくて行けないよ〜!なんて方もいると思います。

 

そんな時に役立つのが「代理申請」です!

 

え、パスポートって代理で申請出来るの?本人じゃなきゃできないと思ってた…。なんてそこのあなた!

 

実は代理で申請出来るんです!

 

時間がないからパスポートをとれないとか、後回しにし続けている…とか、もったいないですよ!!!

 

そんな方々でもパスポート取得出来るよう、仕組みがあるんです!

 

ただやはり、パスポートは重要な個人情報ですので、書類が必要になってきます。

 

どんな書類が必要なのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、パスポートの代理申請について、出来る場合と出来ない場合や、必要書類などを詳しく紹介していきます!

 

パスポートの代理申請は誰でも可能?

 

 

パスポートの代理申請は、基本的にほとんどの人が可能です!

 

ほとんどの、と言ったのも、一部受け付けられない場合がありますので、そちらを確認していきましょう。

 

代理申請が不可能な場合

・申請書の「刑罰等関係」欄に該当する事項がある場合

・有効なパスポートの紛失・盗難・焼失の届出、及びこれを伴う新規発給申請を行う場合

・外国における災害や事故等により被害者等の親族や関係者が緊急に渡航する場合

・居所申請する場合

・海外から一時帰国中に申請する場合

・対立地域への渡航等により旅券の二重発給を受けようとする場合

・申請書の記載内容に疑義があり、申請者から直接説明を受ける必要があると認められる場合

 

これらに該当する場合は、代理申請をすることが出来ないので、申請者が自分で申請するようにしましょう。

 

 

代理人については、特に縛りはありませんので、自分が本当に信頼できる人に頼みましょう。

 

(個人情報の塊ですからね…)

 

パスポート代理申請に必要な書類は?

 

 

パスポートを代理申請する時には、一般旅券発給申請書の「所持人自署」、「申請者自署」の欄をあらかじめ記入しておくことに加え、「申請書類等提出委任申出書」を書かなくてはなりません。

 

この、「申請書類等提出委任申出書」ですが、一般旅券発給申請書に印刷されており、申請者記入欄と引受人記入欄があります。

 

申請者記入欄

・申請者署名欄

・引受人の氏名

・引受人の住所

・引受人の申請者との関係

自分の署名はもちろんのこと、引受人を指定する内容も記入する必要があります。

 

引受人記入欄

・引受人署名欄

・連絡先電話番号等

引受人の方も署名欄と、電話番号等連絡先を記入してもらいましょう。

 

 

申請者の必要書類一式に加え、引受人についても健康保険証や運転免許証など本人確認の出来る書類が1点必要になるので忘れないようにしましょう。

 

ただし、法定代理人と呼ばれる、親権者や後継人、つまり親や子を通して申請する場合であれば、「申請書類等提出委任申出書」は必要ありません。

 

通常の申請と同じ書類を準備して行きましょう。

 

 

申請者の必要書類一覧はコチラから!

パスポートを更新・申請したい!書類や必要なもの一覧!!

2018年10月7日

 

パスポート受領は代理を頼める?

 

 

パスポートの受領は基本的に申請者本人が行かなくてはなりません。

 

本人確認をしたり、パスポートに記載された情報に間違いがないか確認するため、申請者のみが受け取れるようになっているようです。

 

例外として、「査証欄増補」の場合は代理で受領する事ができます。

 

パスポートの内容は全く変えないけれど、渡航回数を重ねて査証欄が足りなくなったから足したい、という場合ですね。

 

個人情報の部分は書き換えられないので、代理人でも受け取れるようになっています。

 

その場合には、申請時に渡される「代理受領のための委任状」を記入する必要があります。

 

パスポート申請者が必要事項を記入し、引受人が持っていきます。

 

その際、代理申請の時と同じように、引受人の方も本人確認の出来る書類を1点持っていく必要があるので、 忘れないよう注意してください。

 

まとめ

 

パスポート申請は基本的に、代理を頼むことが出来ます!

 

代理不可の場合に自分が当てはまらないかどうか確認しましょう。

 

代理申請をする場合には、「申請書類等提出委任申出書」が必要になります。

 

申請者、引受人共に記入欄がありますので、漏れがないように記入しましょう。

 

パスポート受領については、代理を頼むことが出来ません!!

 

なんとか時間を作って、申請者本人が取りに行くようにしましょう。

 

そしてもう1点、引受人の方は本人確認のための書類を忘れないようにして下さい!!

 

仕事で忙しいアナタや、日中時間が取れないアナタも!代理申請を利用してパスポートを取りましょう!

 

パスポートの取得が海外旅行、海外ハネムーンへの第1歩ですよ!

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です