パスポートを更新・申請したい!書類や必要なもの一覧!!

 

海外へ行こう!そう思ったは良いものの、やっぱり国内で出掛ける時とは違った準備が必要になってきますよね?!

 

 

今回取り上げるのは、海外旅行で欠かせない「パスポート」についてお話したいと思います。

 

 

初めてパスポートを取る時は何を準備すればいいのか分からないですよね?

 

 

また、昔取ったけどもう期限が切れていたり、もうすぐ切れそうだったり…。

 

 

パスポートの更新って、そんな頻繁に行うものじゃないので毎回よく分からなくなる…なんて思う読者様もいると思います。

 

 

今回はパスポートの取得、更新に必要な書類はおおまかに、

 

必要な書類

・一般旅券発給申請書

・戸籍謄本

・写真

・本人確認書類

・以前のパスポート

・住民票の写し(必要な場合)

となっています。

 

 

どの場合にどの書類が必要なのかを詳しく解説していくので、海外旅行への第一関門を突破していきましょうね♪

 

 

パスポートを申請・更新するためにはどこへ行ったらいいの?

 

 

一番最初、パスポートを申請するにはどこへ行ったらいいの?なんて疑問に思う読者様!

 

 

パスポートを申請する時には、窓口のある場合は区市役所、町村役場へ行き、ない場合は都道府県のパスポートセンターへ行きます。

 

 

パスポート取得に必要な書類は、区市役所、町村役場で取ることが出来ますよ。

 

 

地域によって場所や営業時間が違いますので、外務省のホームページを参考にして確認してみてくださいね。

 

 

パスポート申請・更新のための必要書類は?

 

 

パスポート申請に必要な書類

・初めて申請する方

・有効なパスポートをお持ちの方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

このどれに該当するかによって少し変わってきます。

 

 

各書類の最初の部分に、必要とする人を書いてありますので、まず自分が当てはまるかどうか確認してから読んでみてくださいね。

 

 

一般旅券発給申請書

 

・初めて申請する方

・有効なパスポートをお持ちの方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

これは、すべての人にとっての必要書類となります。

 

 

一般旅券発給申請書には5年用10年用があり、書類も色分けされている事が多いです。

 

 

20歳以上の場合はどちらか選べるようになっているので、希望に合わせたものを取得しましょう。

 

 

一般旅券発給申請書は、各都道府県にあるパスポートセンターか、区市役所や町村役場県庁などに置いてあります。

 

 

さらに「ダウンロード申請書」といい、ネットからダウンロードして印刷するだけで使えるものもありますよ。

 

 

ダウンロード申請書に関しては都道府県によって扱っていない場合もあるので、お住まいの都道府県旅券課に確認してください。

 

 

戸籍抄本または戸籍謄本

 

・初めて申請する方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

こちらは、新しく申請する事になる場合に必要な書類です。

 

 

6ヶ月以内に発行された戸籍謄本か戸籍抄本が必要になります。

 

 

戸籍事務がコンピュータ化された区市町村では、戸籍謄本や戸籍抄本に代わって「戸籍の個人事項証明書」や「戸籍の全部事項証明書」が発行されるようなんですね。

 

 

戸籍謄本や戸籍抄本は本籍地の役所・役場の戸籍係で手に入り、1通450円の手数料がかかります。

 

 

本籍地が遠くて、とても役所の開いている時間に行けない!という方は、郵送でも請求できるので、各区市町村に問い合わせてみましょう。

 

 

ちなみに、家族など同じ戸籍内の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本一通で全員の申請をする事が出来ます!

 

 

手数料などもかかりますし、まとめて出来るとちょっとお得ですね♪

 

 

また、有効なパスポートをお持ちの方でも、記載事項に変更がある場合は戸籍謄本か戸籍抄本が必要となりますので、ご自身で確認してみてくださいね。

 

 

パスポート用の写真

 

・初めて申請する方

・有効なパスポートをお持ちの方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

こちらは全ての人が必要になります。

 

 

新しいパスポートに貼る写真なんですが、写真を貼り付ける際に条件があります。

 

写真の条件

・カラーでも白黒でも可

・本人のみが撮影されたもの

・提出の日前6か月以内に撮影されたもの

・縁なしで左記画面の各寸法を満たしたもの

[縦45mm、横35mm、

    写真の端から顔の中央まで17±2mm、

    写真の上端から頭まで4±2mm、

    頭からあごまで34±2mm]

・無帽で正面を向いたもの

・背景(影を含む)がないもの

 

 

本人確認のための書類

 

・初めて申請する方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

こちらは、書類によって1点でいい場合と2点必要な場合があります。

 

 

1点でいい書類としては、

 

・失効後6か月以内の日本国旅券(氏名及び写真で申請者が確認できるもの)

・運転免許証・写真付の個人番号カード(写真付のマイナンバーカード)

・写真付の住基カード

・船員手帳

・宅地建物取引士証

・身体障害者手帳

 

などが該当します。

 

 

2点必要な書類は、次のAとBから1点ずつか、Aから2点用意してください。

 

書類A

・健康保険被保険者証

・国民健康保険被保険者証

・船員保険被保険者証

・介護保険被保険者証

・共済組合員証

・後期高齢者医療被保険者証

・国民年金手帳

・国民年金証書

・厚生年金保険年金証書

・船員保険年金証書

・共済年金証書

・恩給証書

・印鑑登録証明書と実印

 

書類B

・失効した日本国旅券(失効後6か月を越えるもの)

・学生証

・会社等の身分証明書

・公の機関が発行した資格証明書(いずれも写真付きのもの)

・母子手帳

 

本人確認書類は必ず原本の準備が必要です。

 

 

また、氏名・ふりがな・住所などの記載事項が、届出書と一致しているか確認しましょうね!

 

 

パスポート

 

・有効なパスポートをお持ちの方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

 

有効なパスポートは本人確認のためにも必要です。

 

 

どちらの場合も無効の印を押され、新しいパスポートの交付の際に返されます。

 

 

住民票の写し

 

・初めて申請する方

・有効なパスポートをお持ちの方

・期限切れのパスポートをお持ちの方

 

これは、

・住民登録している都道府県ではなく、現在居住している都道府県で申請する方

・申請窓口において、住民基本台帳ネットワークシステムによる情報検索を希望しない方

 

に該当する場合に限り、必要となります。

 

 

全ての必要書類を揃えたらパスポートセンターや窓口のある市役所、町村役場へ申請しに行きましょう!

 

 

申請してから受領するまで6日間(営業日)掛かりますので、日程には余裕を持って申請しに行きましょうね。

 

 

パスポートの受領

 

 

パスポートを受領できるのは、申請した窓口のみとなります。

 

 

申請時に渡される旅券引換書と手数料を持って行きます。

 

 

受領は年齢に関わらず本人のみ受け取れることになっているので、注意しましょう。

 

 

聞かれた事にきちんと答えていけばOKです!

 

 

まとめ

 

パスポート取得に必要な書類は、

・一般旅券発給申請書 1枚

・戸籍謄本か戸籍抄本 1枚

・写真 1枚

・本人確認書類 1点か2点

・住民票の写し

↑の中から自分に必要なものを揃えましょう。

 

 

案外、簡単だと思いませんか?

 

 

何度か役所へ行く手間はありますが、必要な書類を揃えて申請するだけです!

 

 

読者様が海外旅行への第1歩を踏み出せますように♪

 

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です